menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【片岡編集長のレポート】On ball Screen(Pick&Roll)での守り方3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回までは、ボールを保持する選手へDFと、その他の選手の役割分担について、主にHelpサイドを話題にして紹介しました。

このようなDFを仕掛ける際に、ボールサイドのコーナーを守る選手にも責任分担を明確にすることが重要です。

もし、この領域での優先順位をコーチが不明瞭にした際、多くの場合、選手はスクリナーのROLL(DIVE)に対して本能的にHelpに寄ってしまうでしょう。

その結果、ボールサイドのウィング位置がフリーになってしまいます。

キャッチ&シュートや、クローズアウトへのカウンタードライブを許しやすいケースです。

下記の動画について、ボールサイドのコーナーにいるDFの動きに注目下さい。

◇ボールサイドのDFが反応する事のリスク

今回の場合、上図のX3がボールサイドのコーナーを守るDFです。

ROLL(DIVE)へのHelpに反応する事で、スクリナー「5」に対してX3とX2が反応する事になります。

せっかく、ボールマンに対して激しくマークをし、緑色のエリア(ボールマンから最も遠いエリア)へは鋭いボールが飛ばせないように守っている中で、「3」の選手がノーマークになってしまいます。

これでは、X1とX5(黄色のエリア)の奮闘が台無しになってしまいます。

1つの戦術として、ボールサイドのDFで守る方法を選択する事は可能性としてありますが、3の選手をフリーにしてしまうリスクは知っておく必要があるでしょう。

◇まとめ

On ball screenのDF戦術を決定する際には、ボールマンDF、ボールサイドのDF、ヘルプサイドのDFまでを統一する事で相手チームのシュート成功率を下げる事に繋がります。

最後に、同系統のオフェンススペーシングを紹介します。

是非、ボールマンへのDF、ボールサイドのコーナー、ヘルプサイドの連動性に注目下さい。

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】外遊びと運動能力1

  2. 坂口慎の【武学籠球】珍しく基本的なステップワークをやってみた

  3. 【片岡編集長のプレイブック】戦術11 Diamond game6…

  4. 【武学籠球】無意識反射を無くす重要性

  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  6. ローポストでの面取りについて

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る