【バスケ】ゴールデンエイジの運動能力トレーニング

トレーニング 指導法 練習メニュー 育成法

今回は、運動神経を鍛えるトレーニングについてご紹介したいと思います。

 

あなたは、

 

「ウチの子は運動神経が悪いからレギュラーは無理」

「この選手は運動能力が低いから役に立たない」

 

などと諦めていませんか?

実は、ゴールデンエイジと言われる時期に、トレーニングすることで運動神経を鍛えることができます。

 

 

運動神経って?

大きく分けて2つの能力があり、身体の小さな選手でも鍛えることができます。

 

・運動能力…バランス、リズム、反応、連結

・身体能力…走る、飛ぶ、投げる

 

上記のうち、運動能力がいわゆる運動神経と言われるもので、脳からの指令を身体に伝え動かす能力のことを言います。

それに対して、身体能力が、骨や筋力の成長に合わせて高まってくる能力のことで、繰り返し動作を続けることで鍛えることもできます。

ここでは、運動能力(運動神経)を鍛えるトレーニングをご紹介します。

 

運動能力とは?

運動能力・運動神経と言われるうち、以下の7つの能力をご紹介します。

 

・バランス力

 自由に手足を動かすことのできる土台のこと。その土台は、安定した体のバランス力です。

 

・細分化能力

 力加減のことを言います。パスの距離やシュートの距離を調整する力のことです。

 

・定位能力

 走っている味方に、どんな速さのパスをどこに出すのがいいか、などを判断する力のことを言います。

 

・連結力

 右手と左手、手と足など、別々の動きやリズムを取る力を言います。例えばドリブルしながらDFをカバーするなどですね。

 

・反応力

 すばやく反応する力のこと。オフェンスからディフェンスへの切り替えや、ドライブに対する1歩目の反応などがあります。

 

・変換力

 状況に応じて、さまざまな能力を使い分ける力です。

 

・リズム力

 リズムを取る力や、リズムをくずす力のことを言います。

 

これらの能力を鍛えるトレーニングを順にやってみましょう。

 

 

手の反応トレーニング(2人組)

1)1人が上向けに両手を出し、その上に手を乗せます。

2)下にある手の人が相手の手を上から叩く。

3)それを叩かれないよう素早くかわす

※バスケットボールでは、手が素早く動かせるかが大事になります。

 手の反応とスピードを鍛えることができます。

 

 

足の反応トレーニング(2人組)

1)2人向かい合って片足(同じ足)を出し、つま先を同じラインに合わせます。

2)ジャンケンをし、勝ったら後ろの足で相手の出している足を踏みます。前に揃えた足では踏みにいきません。

3)負けたら踏まれないよう足を引きます。

※ジャンケンと組み合わせて判断力との混合トレーニングです。

 足の反応を鍛えることで、ディフェンスや攻守の切り替えにも有効です。

 

 

手と足の神経トレーニング1(リズムスキップ)

手と足を別々に動かすトレーニングです。

1)スキップは、通常どおりに右、左、右、左のステップです。(足:1)

2)手は、前、前、後ろ、後ろ、で叩きます。(手:2)

 

これは基本形ですので、色々変えてやってみてください。

例)ツーステップ+手は前・後(足のリズム2、手のリズム1)

  ツーステップ+手は前・前・後(足のリズム2、手のリズム3) など

 

 

手と足の神経トレーニング2(リズムジャンプ)

手と足を別々に動かすトレーニング2です。

ジャンプしながら足を開いたり閉じたりして、手も開いたり閉じたりします。

それぞれ別のリズムで動かします。

 

1)ジャンプしながら足を、閉じる・閉じる・開く

2)手(腕)は、閉じる・開く

 

このリズムでジャンプします。ズレが出るので、思いどおりに動かせるようにしましょう。

慣れてきたら、色々リズムを変えてやってみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

一人でも親子でもできる簡単なお家トレーニングです。

 

できるようになってきたら、複雑な組み合わせでやってみるのもオススメです。

あなたオリジナルのトレーニングを見出して、チームの選手と楽しみながら指導してみてください。

 

ぜひ、指導の参考になれば幸いです。

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加