menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  4. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  6. 【片岡編集長のレポート】良いトランジションディフェンスと悪いトランジシ…
  7. 【片岡編集長のレポート】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP T…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  9. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密【バス…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【片岡編集長のレポート】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL』を強化するドリル【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏場のシーズンが終わり、秋以降の大会を控える時期に差し掛かりました。

コーチの皆様は、夏場の大会で抽出した課題について選手と共に取り組まれている時期だと思います。

引き続き、本メルマガでは、試合の命運を握るトランジションディフェンスについて考えていきたいと思います。

10月上旬にB.LEAGUEが開幕し、B1からB3まで、全国各地で試合が展開されています。

昨シーズン東地区優勝、天皇杯制覇、B.LEAGUE FINALに進出した千葉ジェッツ。

アグレッシブなディフェンスから走るを理念とするチーム通り、外国籍選手にも走れる選手を揃え、トランジションの中で3Pを得意とする選手との融合で対戦チームにとって脅威となっています。

ハイライトやBOXスコアでは分かりにくいですが、今シーズン、千葉と対戦をするチームは明らかにトランジションに対するディフェンス、またはオフェンスの終わり方に留意し、試合展開を進めているように思います。

各種試合レポート記事でも「スプリントバックの意識」などがHCコメントで出てきます。

ここでは紹介しませんが、ハイライトではなく、フルゲームまたはハーフ、ピリオド単位での試合映像と共にチェックをお勧めします。

トランジションディフェンスの成功、不成功が見えてくるのではないかと思います。

さて、今回はトランジションディフェンスのキーワードの一つである『STOP THE BALL』を強化するドリルについてご紹介します。

状況判断やコミュニケーションの重要性、その成功事例は以前に紹介しましたので、今回は、実際にSTOP THE BALLを実践しようとする際のディフェンス力の強化ドリルとなります。

◇ドリルの説明

・1対1で行うドリルです。

・コーンの位置で、ゆっくりドリブルをしてスタート。最初のコーンまでのドリブルスピードは低速、ハーフコートに配置するコーンからがドリルの本格開始となります。

・オフェンス側は、一早くフリースローライン近くのコーン反対サイドのコーンを回り、ゴールへと向かう。

DF側は。コーンにタッチし、DFをスタート。ダッシュが早ければ早いだけOFを迎え撃つ体制が整います。

・そこからは「ライブ」の1対1となります。

 

STOP THE BALLを拡大解釈してはリスクが増えるだけ。数的不利は、最終的に相手チームの効率的なシュートを導いてしまう。

2つの動画は、U16~U19男子代表チームなどを指導されているローステン・ロイブル氏のドリルより、DFの失敗例と成功例となります。
失敗例の動画は、若い世代やトランジションディフェンスのチームルールが曖昧なチームで良く見受けられるシーンです。STOP THE BALLを拡大解釈し、ボールマンからスティールを試みたとしても、DFにとっては圧倒的に不利なシチュエーションです。サイドライン、エンドライン側とは異なり、広大なスペースがある為にオフェンスにとってはいくらでも逃げ道があります。またボールを失う危険性を感じればストップをしてパスで回避する事も出来ます。その結果、DFは置き去りになり、多くの場合、ハーフコートで数的不利が発生してしまいます。数的不利の最終的に帰結するのは、ゴール下でのイージーショット、ワイドオープンでのキャッチ&シュートでの3Pシュートの2つ。いずれも、非常に得点率の高い攻撃です。

 

「分かりやすい指標で選手に要求をする」

上図左の黄色三角形部分を「No Ball Area」(NBA)と呼び、この位置からボールが侵入してくることを良しとしないコーチもおります。

NBA内にボールがある場合には、DFの強度をめ、サイド方向に追いやる事で相手のチャンスを減らすことが可能です。

また、多くの場合、トランジションディフェンスの指導を重視するコーチは、STOP THE BALLの意味としてスティールする事を選手に要求しません。

求めているのは、ボールマンの自由を奪い、ボールプッシュに時間を使わせることに主眼を置いています。

指示が明確なコーチの場合、「ボール運びの際に方向転換を1回でもさせる事(上図・右)」を選手に要求し、求める基準を明確にするコーチもいます。

スプリントバックの徹底があれば、その僅かな時間で数的不利を解消できます。
また、自チームの戦術、目標などを明確にした上で、トランジションディフェンスの中でボールマンに要求する事を見直す事でDFの精度が高まるかもしれません。
ちなみに、『超シンプル化シャッフルオフェンス』の中でも、星澤純一コーチはオフェンスがシュートをした際のリバウンドポジション、セーフティーのポジションまでを一括りに指導されています。

本メルマガでは触れませんが、オフェンスの終わらせ方まで意識を向ける事でトランジションディフェンスの精度が高まる側面もあるかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■DVD教材人気ランキング■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━

※NEW 大人気中
【1】もう戦術指導に悩まないでください
<<<https://goo.gl/8Hyvze>>>

【2】「先生、番狂わせって本当に
起こせるんですね…」
もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
<<<https://goo.gl/VzaZhs>>>

【3】徹底した個人スキルを向上させる!1対1上達法
なぜ、この練習法は、バスケ未経験の新入部員でも、
短期間でチームに貢献できる選手に育成できるのか・・・?
<<<https://goo.gl/TvxMY8>>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へ…

  2. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴

  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポ…

  4. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密…

  5. 【シュート】スナップの使い方について

  6. 【バスケ】初心者でも簡単に得点を取るための方法を公開します【オフ…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 前回までは、防げたかもしれない失点を防ぐための手法の一つとして、トランジションディフェンスを中心に扱…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その3
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結する理由
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その2
ページ上部へ戻る