ステップバックシュートがブロックされる?

スキルアップ

ドライブやハンドリング、ポストプレーの駆け引きから選ばれる強いプレーの1つにステップバックシュートがあります。ローポスト、ペリメーター、3Pのどのエリアからも打つことができる万能なスキルでNBAでも多くの選手が用いています。NBAではステップバックはアンストッパブルなスキルとされていますが、熟練していなければ距離を取るはずがシュートブロックにあったり激しいチェックを受けてしまうこともあります。
今回はステップバックはどのように使えばアンストッパブルなのかを解説します。

スピードを活かしたステップバックシュート

特にガードの選手やスピードが武器の選手に活用してほしいのがスピードを活かしたステップバックです。

ドライブからの減速

スピードに乗ったドライブをしてからのステップバックシュートで肝になるのは「ストップの上手さ」です。急に減速しきれば相手はそれに対応できず、その後のステップに対応できません。しかし、スピードが一気に落ちず徐々に落ちたり、スピードを消せずにステップバックする距離が短くなりすぎたりするとブロック、シュートチェックに合う可能性が高まります。ドライブのスピードを落とすことは極力避けたいですが、トップスピードでプレーすることでその後のプレーができなくなってしまうようであればスピードをコントロールする、もしくはトップスピードで動く練習をたくさん積むしかないでしょう。

ステップのスムーズさ

減速することも簡単ではありませんが、その後の足捌きをスムーズに運ぶことも技術が求められます。ステップバックをする際に無駄足を踏んでしまうとその分作ったズレを埋められてしまいます。最小限のステップを必要な方向に正しく踏むことでズレをより大きく、相手に近づかれずにシュートを打つことができます。

スピードを活かしたプレーをする場合は、そのスピードが逆に扱いづらくなるケースも多々あります。それを無駄にしないためのフットワークや身体の使い方を練習しましょう。

コンタクトを活かしたステップバックシュート

次にスピードを武器とせず、コンタクトや駆け引きを活かしたプレーが得意な選手が活用するべきなステップバックをご紹介します。

オフハンドの活用

ドライブからステップバックをする際、相手と接触している場合は大きなチャンスです。オフハンドを用いて相手の体をいなし、その反動を使って自身はステップバックしましょう。スピードで振り切る場合は相手に接触ができないので、相手のフットワーク次第では追いつかれてしまいます。しかし、コンタクトを用いれば相手は動けず、いかにスピードやフットワークで負けいてもズレを作ることができます。

ジャブステップ・ワンドリブルからのステップバック

コンタクトの強さがあればドライブなどの大きな動作をしなくともズレを作ることができます。ハイポストやローポストで距離を詰められていればあればジャブステップやリップの動きにワンドリブルを組み合わせてステップバックを打つことができます。また、アウトサイドでもわざとディフェンスがコースに入りやすいワンドリブルをつき、コースに入ってきた相手に対してこちらは準備しているので強くコンタクトをすることができ、簡単にステップバックをすることができます。

コンタクトを活かしたステップバックをする際は、肘を伸ばすなどの明らかにファールとなる行為はもちろんダメですが、強く接触するようにしましょう。中途半端な接触では相手とのズレは生まれません。また、強く当たればその反動で無駄な力を使わずともステップバックが簡単にできます。

おわりに

今回はステップバックシュートを最大限に活用する方法をご紹介しました。ステップバックをする目的は「ズレを作る」ことですがその方法はスピードやコンタクト、タイミングなど様々です。それぞれを理解し、上手く使うことで相手に勝る部分を少しずつ作っていくことが総合した勝利に近づく鍵です。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中