menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチームの方も多いのではないかと思います。

同時に、ボール運びに対するon ball screenをセットされることで、簡単にボール運びを許し、練習の成果を発揮できずに悔しい思いをされているチームも多いのではないでしょうか?

今回は、そのようなケースに対する戦術案をご紹介したいと思います。

男子日本代表が劇的な勝利を収めたオーストラリア戦において、オーストラリア代表は前線から非常に素晴らしいプレッシャーディフェンスを披露していました。

日本代表も、慎重にボール運びをする事でターンオーバーは発生せずに済みましたが、スムーズなオフェンスへの展開が出来ず、ハーフコートオフェンスがスタートする頃には、ショットクロックの残り時間が15秒程しか無いというケースも目立ちました。

まさに、今号で紹介する戦術は『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ事を意図した内容となります。

 

◇ボール運びに対するOn ball screenへのDF戦術

ボール運びに対するOn Ball screenをセットする事で、容易なボール運びが可能となります。

仮に、X1が非常に素晴らしい脚力を持った選手でも、センタープレイヤーのスクリーンがセットされれば、多くの場合はアンダーで遠回りをするケースが非常に多いです。

スピードのあるドリブラーの場合、アンダーをしている瞬間の遠回りを利用してスピードドリブルで前進する事が可能です。

仮に、この場面でファイトオーバーでボールマンに喰らい付くことに挑戦したとしても、スクリーンが上手く掛ってしまった際には、非常にリスクが高い事が、多くのケースでアンダーを選択する理由だと思われます。

また、多くの場合、このようなケースでのon Ball screenに対するルール決めも乏しく、インサイドのDFは、スクリナーの裏に控えるケースが多いです。

①番の選手の直進的な突破こそ牽制し、X1のリカバリーの為の時間稼ぎこそ出来ますが、余り効果を発揮しているとは言い難いです。

◇ボール運びのOn ball screenに対する、Show Defの戦術

そこで紹介をしたいのが、ソフトなShow Defと、ボールマンのスムーズな戻りです。
45度でPnRの対応としてShow Hardという戦術では、サイドラインと平行に出る事が求められますが、ここではリスクを最低限を抑えるために、斜めのShow Defを推奨しています。

直接的にボールを奪う事ではなく、時間を奪う事が目的です。

下図のように、進行方向を斜めにすることで、ハーフラインまでの侵入を遅らせます。

※ジョン・パトリックも指導をしていた。

◇パスが飛んだ際の対応策

X5の選手が、ソフトであるにしてもShow DEFをする事で、スクリナーの5番の選手へのボールが飛ぶことを危惧するケースもあると思いますが。

その場合は、X5の選手がダッシュで戻る事で対応します。

元々、相手チームよりも長身選手が少ないチームが、試合展開を優位に進ませるために紹介している戦術の為、相手のビッグマン対X5では、ドリブルでの侵入を防ぐ、または時間を使わせることで、オフェンスの入りを遅らせる事が可能です。

チームのスタイルとして、『相手のビッグマンvs自チームのビッグマン』の対決でドリブル突破を守れる脚力の訓練は欠かせません。

そして、仮に、ドリブルに自信がない場合、⑤から①へと、トレールプレーなどでパスが戻る事も考えられます。

が、このような状況になっても成功です。8秒しかないボール運びで、既に2回も横方向へのパスを成功させ、Buy time、時間を奪う事に成功していると言えるでしょう。

 

 

ここまでは、フルコートマンツーマンにおけるon ball screen対応の一提案となります。

前号で2週に渡ってご紹介した、DFのトピックスを扱い際には、AUS代表の事例と合わせて、欧州のディフェンスについて考えてみてください。

<まとめ>

今号で重要になるのは『相手のビッグマンvs自チームのビッグマン』というシチュエーションにおいて、ドリブルに対するDFで優位に立てるという目標設定や訓練をチームのスタンダードにしている事です。

サイズに劣り、かつ、脚力でも劣っていればリスクが非常に高い戦術にはなりますが、トライする価値は非常に高い戦術であると感じています。

私が指導をする宮城クラブでも、8秒バイオレーションや、エントリーを遅らせる事に成功していますし、ジョン・パトリック氏の指導する・・・でも、他の欧州チームでも数多く見る事が出来る戦術です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】ランニングスコアか…

  3. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  4. 【片岡編集長のレポート⑭】スプリントバックの重要性を知る

  5. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  6. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動す…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る