menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点を取る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

チームにセットプレーを導入する際、決まりごとの多さが故に、逆に選手のプレーが膠着してしまって上手く決まらないケースなどもあるのではないでしょうか?

B.LEAGUEも来季に向けた各チームの陣容が続々と発表されています最近ですが、昨季のポストシーズンより、そのようなケースにピッタリなフォーメーションプレーが繰り広げられていました。今号では、それをテーマにプレーを紹介していきます。

B2各地区の優勝チームとワイルドカード1位チームが出場するB1昇格トーナメント、3位決定戦、FE名古屋対熊本。

惜しくも敗戦したFE名古屋、試合終盤タイムアウト明けのサイドスローインプレー、絶対に3点が欲しいゲームシチュエーションの中、非常に綺麗なオープン3Pを演出しています。

一般的に『ハンマープレー』と呼ばれるプレーとなります。サンアントニオ・スパーズがNBAを制覇した2014年頃から非常に有効的に使われていたプレーコンセプトとなります。

FE名古屋のプレー紹介、及び、サンアントニオスパーズのプレー(gif動画あり)を通じて紹介していきます。

 

<FE名古屋、B1昇格トーナメントより 対熊本戦>

・図のように配置します。2にドライブとパスの上手い(またはマッチアップで優位)選手、3にシューターを配置します。最終的な狙いは、コーナーでのオープン3Pです。

・3番が大きく上に走り抜け、その少し後に2番が5番にバックスクリーン。タップパスなどを狙う様子を見せますが、本当の狙いは別にあります。

・スクリナーだった2番に対し、4番がスクリーンをセット。そのままボールサイドカットをして、ボールをレシーブします。ベースラインへと一目散にドライブをします。

・2番のボールキャッチと同じタイミングで、(先ほどまでスクリーンを貰ったばかりの)5番が、3番の選手へアップスクリーン。

※このように下から上へと叩くようなスクリーンなので「ハンマープレー」と呼ばれるようです。

・2番のドライブに合わせてコーナーで待ち構え3番の選手へ。オープンでの3Pを狙います。

 

◇(映像あり)スパーズのハンマープレー(簡易版)

さて、上記のプレーはスクリーンが複雑に絡み合っており、DFにとっても対応が難しい連続性のあるプレーとなっています。

その複雑さゆえに、DFの状況もイメージしにくいと思います。前述、サンアントニオ・スパーズのシンプルなケースのプレー動画を基に構造を解析していきましょう。

 

※コーナーにパスが通る際、3秒ほど画面が止まりますが故障ではありません。元々の映像について、一時停止をしている為です。



・ウィングでのPnRに対してのDFの図解となります。実際のDFでは、ICEと呼ばれるDF戦術を対戦チームは用いていますが、図解上では割愛します。

・PnRに対して、ドリブラーはスクリナーをフェイクにベースラインへとドライブを試みます。それに合わせて、インサイドDFのX5はベースラインへのケアへとポジションを移行するのが一般的です。

 

・ドライブと同じタイミングで、X2の選手へと5番がアップスクリーンをセットします。ヘルプのヘルプ(カバーのカバー)を狙ってスペースを埋めようとするX2は、死角からのスクリーンに対応できず、コーナーを完全にフリーにしてしまいます。

・狙い通り、1番から2番へとパスが飛び、オープン3Pの状況を創り出すことに成功しました。

 

<補足>

一般論では、カバーのカバーとして、X2の選手が5番へのパスコースを埋めようと試みます。

ドライブに対してX1が守り切れるのであれば、「No HELP」(ヘルプに行かない事)を選択。

X5にも、X2にも、ドライブの刹那には、一瞬の駆け引きが求められます。そこを逆手に突くのがハンマープレーです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について…

  2. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  3. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

  4. 【片岡編集長のレポート⑧】八村選手のリバウンドダンクから読み取る…

  5. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークと…

  6. 【新作】アウトサイドの2vs2で得点を奪う方法【上達動画】

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る