menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シュートで大切なのはフォームですが、
試合中には、固めたフォーム通りに打てない場面が次々に起こります。

その中でも、しっかりと「バランス」を保つ事が大切です。

そこで、本日はディフェンスに崩されたことを
想定した練習法を紹介します。

 

 

いかがでしょうか。

 

シュート前に自ら360度回ることで、わざとバランスを崩し
実践時近い状況を作り出せます。

そうすることで、ディフェンスに

詰め寄られても、練習のようにシュートを決めることができます。

 

お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み

  2. 【ミニバス】指導者から「どうしたらいいんだ!」と質問を受けました…

  3. 【武学籠球】武学を用いて潜在能力を引き出す方法とは…?

  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポ…

  5. 【バスケ】子供を真剣に楽しませられる指導法とは…?【育成法】

  6. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密…

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る