menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要…
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
  4. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点を取る…
  5. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  6. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動する力を…
  7. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  10. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため

体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大きな上下動が起こります。

 

つまり、ボールをミートしてから、次の動作に移る際に

再度、低い姿勢を作らなければいけないので

動きが読まれやすくなってしまいます。

 

しかし、金田流のミートでは一般的な上下動がありません。

そのミートを習得することで、ボールをキャッチした瞬間に

次の動作に移れるので、ディフェンスが後手になりやすくなります。

 

動画をご用意したので、ご覧ください↓

 

 

上記のノウハウが収録されているDVD教材はコチラ↓
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/8/

 

LINE@始めました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

  2. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その2

  3. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  4. 【バスケ】走るコースによって速攻が無駄になります。

  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】

  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 日本代表男子チームが、ワールドカップ予選で2次ラウンドへの進出を決めた事は、日本中の多くのバスケット…
  2. 5月12日、私は新幹線景気で賑わう金沢にいた。私学であるこの高校の今年度の新入部員は、当初の…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要性とは?
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
ページ上部へ戻る