menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  4. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  6. 【片岡編集長のレポート】良いトランジションディフェンスと悪いトランジシ…
  7. 【片岡編集長のレポート】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP T…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  9. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密【バス…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を考えてください。【指導】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、ネットニュースを見ていると野球日本代表の4番 筒香選手が
どのようにして開眼したのか?という記事を見つけたのですが、

その記事の中で、「ティーチング」と「コーチング」の
【違い】について、書かれていました。

スポーツに限らず、誰かに何かを教えるという行為には
必ずついて回る事柄なのですが、

今日は、この違いと重要性について、お話しさせていただきます。

■ティーチングとコーチングの違い

まず、ティーチングとコーチングの違いについて調べてみました。

 

・ティーチングとは…?

知っている人が知らない人に教える、できる人ができない人に教える指導法です。

言ってみれば「自分が持っている知識、技術、経験などを相手に伝えること」と定義することができるでしょう。

この性質から、基本的に、コミュニケーションスタイルは、一方通行となります。

 

つまり、カンタンに説明すると

「指導者や親が自身の意見を、一方的に伝えること」です。

 

それに対して、、、

 

・コーチングとは…?

「問いかけて聞くことを中心とした”双方向なコミュニケーション”を通して、

 相手がアイディアや選択肢に自ら気づき、自発的な行動を起こすことを促す手法」

 

簡単にいうと、指導する側とされる側が、ディスカッションし

「その選手の個性を受け入れるながら、気付きを促す」ということだと考えます。

 

冒頭でお話しさせていただいた

筒香選手も、あるコーチと出会うまでは自身が思い描くバッターではなく、

 

「ホームランバッターはこうだ!」という

概念にとらわれたコーチたちに、一方的に指導されていたといいます。

 

あなたは、いかがでしょうか?

 

例えば、3対2の場面があるとし、自身が思い描いていた

展開とは違う場合、どのように声をかけられていますか?

 

「●●だろ!」「あそこの場面は▲▲で攻めろ!」

このように、理由も自身の概念だけで選手を指導されていませんか?

 

■「ティーチング」と「コーチング」それぞれのメリット

しかし、一概にティーチングが悪いというわけではありません。

ここで、それぞれのメリットについてまとめてみました。

・ティーチングのメリット/デメリット

【メリット】

・一度に大勢の人数を育成できる

・思考や価値観の統一を図ることができる

・コーチングに比べて速く選手を育成できる

【デメリット】

・指導する指導者の力量に育成幅が左右される

・選手たちの個性は目立たなくなる

・選手たちが受身になる

 

・コーチングのメリット/デメリット

【メリット】

・選手の考える力を育てられる

・選手の個性を伸ばし、自発的な行動力や応用力が身につく

・様々なことの再現能力を高められる

 

【デメリット】

・一人の選手を教えるのには時間がかかる(意図が伝わらなくなる)

・根気がいる

・選手によっては、受け入れられない場合がある

 

以上のように、それぞれにメリットとデメリットが

存在すると思います。

 

例えば、技術的なノウハウを選手に伝える場合は「コーチング」

選手の人間性を高める場合は「ティーチング」といったように

使い分け方次第で、選手はグングんと伸びてくれると思います。

 

このような特徴を活かして指導することで、2018年

あなたのチームは大きく変わることができると信じています。

 

今時の子供たちを教える、指導者の方が「絶対に言ってはいけない言葉」とは…?

http://www.mlritz.com/link/113/1/293/16/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【必見】アウトサイドプレイヤーのポジションについて

  2. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴

  3. 【バスケ】子供を真剣に楽しませられる指導法とは…?【育成法】

  4. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  5. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて…

  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができない…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 前回までは、防げたかもしれない失点を防ぐための手法の一つとして、トランジションディフェンスを中心に扱…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その3
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結する理由
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その2
ページ上部へ戻る