menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミン…
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
  4. 【ゴール下】高身長相手にシュートを決めるための「アンクルジャンプ」とは…
  5. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?
  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」
  7. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!
  8. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは…?
  9. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  10. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたはどのように、普段の練習メニューを組まれていますか?

実は、練習メニューの組み方に一手間工夫を行うだけで、
試合でも持っている力を発揮できる選手を育成できます。

 

試合に強い選手を育てられる練習メニューとは…?

チームによって、抱えている課題は違うため
練習メニューの組み方は、十人十色だと思いますが、

練習メニューの組み方のポイントは
「疲れた状態」でシュート練習を行っているか?ということです。

例えば、

ウォーミングアップ

ディフェンスフットワーク

シュート練習

フットワーク(アジリティ)

チーム戦術などのチーム練習

というような流れで練習を行ってしまうと
疲れていない状態でシュート練習を行うことになるので
必然的にシュートは「入りやすく」なります。

厳密にいえば、楽に打てるため
練習のための練習になるため、練習用のシュート練習に
なってしまいます。

試合では、練習のように決まり事はなく
常にボールと人が動き続けています。

必然的に足も披露しており、シュートにも
影響がでますよね。

ですので、試合に強い選手を育てたいのであれば
練習メニューの組み方を工夫してみてはいかがでしょうか。

ウォーミングアップ

フットワーク(ストレッチ系)

筋力トレーニング

フットワーク(アジリティ)

近い距離からのシュート練習
※段々距離を離していく

チーム戦術などのチーム練習

このように、練習の序盤で疲労度を高めることで
シュート練習を行う際には、実際の試合と同じ状況を作りだすことができます。

ぜひ、お試しくださいね。

 

オススメ練習法教材はコチラ↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/293/1/
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/6/
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/8/
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/14/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ上達】ダウンスクリーンで簡単で得点を奪う方法【動画】

  2. 【バスケ】レイアップシュートを確実に決める練習とは…?【シュート…

  3. 【上達練習法】ドリブルが苦手な選手が行うべき練習メニュー

  4. 【シュート】ボースハンドシュートについて【得点力アップ】

  5. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

  6. 【選手必見】目標達成の重要性

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時で…
  2. ■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習して…
  3. ディフェンスは正しい姿勢を身に付けることで効率的に動けるようになります。その結果、オフェンスに何…

おすすめ記事

  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
ページ上部へ戻る