menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたはどのように、普段の練習メニューを組まれていますか?

実は、練習メニューの組み方に一手間工夫を行うだけで、
試合でも持っている力を発揮できる選手を育成できます。

 

試合に強い選手を育てられる練習メニューとは…?

チームによって、抱えている課題は違うため
練習メニューの組み方は、十人十色だと思いますが、

練習メニューの組み方のポイントは
「疲れた状態」でシュート練習を行っているか?ということです。

例えば、

ウォーミングアップ

ディフェンスフットワーク

シュート練習

フットワーク(アジリティ)

チーム戦術などのチーム練習

というような流れで練習を行ってしまうと
疲れていない状態でシュート練習を行うことになるので
必然的にシュートは「入りやすく」なります。

厳密にいえば、楽に打てるため
練習のための練習になるため、練習用のシュート練習に
なってしまいます。

試合では、練習のように決まり事はなく
常にボールと人が動き続けています。

必然的に足も披露しており、シュートにも
影響がでますよね。

ですので、試合に強い選手を育てたいのであれば
練習メニューの組み方を工夫してみてはいかがでしょうか。

ウォーミングアップ

フットワーク(ストレッチ系)

筋力トレーニング

フットワーク(アジリティ)

近い距離からのシュート練習
※段々距離を離していく

チーム戦術などのチーム練習

このように、練習の序盤で疲労度を高めることで
シュート練習を行う際には、実際の試合と同じ状況を作りだすことができます。

ぜひ、お試しくださいね。

 

オススメ練習法教材はコチラ↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/293/1/
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/6/
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/8/
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/14/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『…

  2. 【育成法】センタープレイヤーを中心としたチーム作りをこっそり教え…

  3. 【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  4. 【アナライズ】片岡編集長のレポート①

  5. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくだ…

  6. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る