【バスケ】NBA選手に倣え!使えるドリブルテクニック1

オフェンス スキルアップ チーム作り ドリブル 育成法

今回は、NBA選手が実際に使っていたドリブルムーブについてご紹介したいと思います。

今の時代、スマホで検索すればどんな情報も手に入る社会です。

 

YouTubeを見て楽しんだり参考にしたりの方も多いのではないでしょうか。

そこで、実際にNBAプレイヤーが使っていたドリブルテクニックを練習してみましょう。

 

クイックチェンジ

ウェストブルックもよく使っていた、小刻みでクイックなフロントチェンジです。

 

キープしながらディフェンスとの間合いと詰めていき、ドライブを仕掛けやすい距離まで近づきます。

この時はまだ、抜く姿勢を見せずにコート全体を見渡す感じでいるのがベストです。

 

間合いを詰めたらそこからが素早くです。

細かいフロントチェンジを連続で行い、キープしていたのと同じサイドをドライブで抜いていきます。

 

仕掛けるまではスローで相手を油断させておいて、ムーブメントを始めたらとにかく速く一気に抜くことで、相手は反応が遅れるので抜いてしまえるということです。

 

コツはリズム

ポイントは、リズムを変えることです。

最初のゆっくりと、抜く時の素早さの緩急をつけることで相手は予測できずに着いてくることができなくなります。

 

トーン、トーン、トトン!

トーン、トーン、トトン!

 

低く小刻みな連続フロントチェンジを繰り返し練習しましょう。

技自体は難しくないので、ミニバスなどの小さな選手にもできると思います。

 

どんな練習をすればできるようになる?

小さな連続チェンジができない選手には、まずは高いドリブルから低いドリブルに抑える練習をしてみてください。

 

右手だけで肩くらいの高さから膝より低く一気に抑える練習です。

強くドリブルを突く練習も同時にできるので、弱いドリブルでとりあえずコントロールをできるより強いドリブルでやるようにしてください。

 

この時、まだコントロールできなくてボールがあっちこっち飛んでいっても気にしない!

またすぐに始めて繰り返しやることで、必ずできるようになります。

 

たくさんミスしてたくさん練習しましょう。

そうすればNBA選手も使うドリブルテクニックをできるようになるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、NBA選手のドリブルテクニック「クイックチェンジ」をご紹介しました。

ポイントは、リズムを変えること繰り返し練習すること。

 

初心者でも習得できる技ですので、ぜひ練習方法と合わせて指導の参考にしてみてください。

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます