menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
  4. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくださいと…
  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  6. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  7. 【選手必見】目標達成の重要性
  8. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  9. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  10. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週、久しぶりに公式戦がありました。

しかし、結果は惜負でした。

 

内容的に相手のディフェンスにリズムを崩されたのですが

改めてディフェンスの重要性を思い知らされました。

 

ということで、本日はディフェンスについてご紹介したいと思います。

 

このブログでも、何度かお話しさせていただいてますが

ディフェンスの基本といえば

・前屈みにならない

・つま先と膝が同じ方向を向ける

・ハンズアップする

ですが、ディフェンスが苦手な選手は素早い相手についていこうとした時、

どうしても頭がブレてしまい、姿勢が崩れてしまいがちです。

 

そうすると、何がダメなのか?

実は、先ほどあげたポイントが全て行えなくなるのです。

 

では、どのように指導すればいいのか?を今日は公開しますね。

ポイントは「肘の使い方」です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

  2. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

  3. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  4. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法

  5. 【バスケ】現代っ子は、ハーキーできない?

  6. 【バスケ】初心者でも簡単に得点を取るための方法を公開します【オフ…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をして…
  2. インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。…
  3. 一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大き…

おすすめ記事

  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
ページ上部へ戻る