menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週、久しぶりに公式戦がありました。

しかし、結果は惜負でした。

 

内容的に相手のディフェンスにリズムを崩されたのですが

改めてディフェンスの重要性を思い知らされました。

 

ということで、本日はディフェンスについてご紹介したいと思います。

 

このブログでも、何度かお話しさせていただいてますが

ディフェンスの基本といえば

・前屈みにならない

・つま先と膝が同じ方向を向ける

・ハンズアップする

ですが、ディフェンスが苦手な選手は素早い相手についていこうとした時、

どうしても頭がブレてしまい、姿勢が崩れてしまいがちです。

 

そうすると、何がダメなのか?

実は、先ほどあげたポイントが全て行えなくなるのです。

 

では、どのように指導すればいいのか?を今日は公開しますね。

ポイントは「肘の使い方」です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  2. ローポストでの面取りについて

  3. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 

  4. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】

  6. 【攻略】ゾーンディフェンスをカンタンに攻める方法

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る