【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?

スキルアップ ディフェンス 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

ディフェンスで活躍したいという人必見。

動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したいと思います。

「低く構えろ」「一度フロアに手を着け」と指導している方は多いと思います。

でも、なかなか選手のディフェンスはカッコ良くならない…。

そのようなお悩みを抱えていて、チームのディフェンスを強化したい指導者の方は、ぜひこれからご紹介する構え方で練習してみてください。

よくない構え

初心者の選手に多いのが、腰が浮いてしまう構えです。

前モモがつらいので、どうしても高くなってすぐ抜かれてしまう。

そこであなたが指導したのは、床を触ること。

今度は、上体が倒れてしまって動けないやはりすぐ抜かれてしまう。

また、上体は立てているが指導どおりに最大限に低くして、床と太ももが平行くらいまで下げてステップが遅くなり、やっぱり抜かれる。

タイプが違うのが、適当な高さに腰が下がっているけど、膝がつま先より前に出てしまっている選手。

上半身は直立になるので、これもスムーズに動けないですよね。

動きやすい高さとは

  • 股関節を軽く折る(自然と膝も曲がります)
  • 膝から下と上半身とがほぼ平行(膝がつま先より前に出ません)

股関節を折る角度は、太ももが辛くないところまでが目安になります。

また、前モモの筋肉よりもお尻の筋肉に緊張があるのが、かなり重要です。

動きやすい足幅

  • 肩幅または腰幅より1足分~2足分広い

先の動きやすい高さに加えて、この足幅を取ってみましょう。

サイドステップもクロスステップもスムーズに出る足幅と思います。

手はどうするのが一番いいのか

指導者によって、様々だと思います。

試合中の状況によっても変わってくるのですが、必ず守るべき約束は手を下ろさないことです。

昔から「ハンズアップ」とよく言われますが、まさにその通りです。

手は広げてディフェンスを大きく見せるほうが、オフェンスに対してプレッシャーがかかります

また、上に上げるのがいいのか、横に広げるのがいいのか。

これは1パターンではないので、状況によって変えたり構えやすい手を上げたり、オフェンスの得意なほうを抑えるためだったりと、とにかく手は広げて構えるようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディフェンスの指導に困っていたり、構えに対して意識したことがなかったり。

そんな機会がなかったあなたは、動画や写真を撮るなどして構え方を確認してみると良いと思います。

ぜひ、指導の参考にしてみてください。