【バスケ】初心者のレイアップ練習法は?

シュート スキルアップ トレーニング 指導法 練習メニュー 育成法

バスケを始めたばかりのプレイヤーにとって、レイアップシュートがきちんと決まる先輩たちは、「あんなふうになりたい」と憧れの存在であることは間違いありません。

そんな初心者の選手が、レイアップシュートを決められるようになる練習方法をご紹介していきたいと思います。

 

まずはまっすぐ上げられるようになろう

右サイドから練習していきます。

ボールを真っすぐ上へあげる感覚を体に覚えこませます。

 

手のひらを天井へ向けた右手にボールを持ち、左手は添えます。

まずはバックボードの正面に向かって、真っすぐ当てられるようにしましょう。

ボールを上げた腕も真っすぐ上へ伸ばします

 

自分のところへ真っすぐ落ちてくるようになるまで、繰り返しやりましょう。

 

45度の角度から小さな枠の角に当てられるようになろう

腕を真っすぐ伸ばして真っすぐ上げられるようになったら、

45度の角度からバックボードにある小さな四角の上角あたりに、確実に当てられるようにします。

 

先ほどの、真っすぐ上げる感覚を大事にしてください。

この時、リングの付け根に当たる場合は、ほんの少し後ろへ下がって距離を調整します。

逆に狙った箇所に届かない場合は、ほんの少し前へ出て距離を調整してください。

 

バックボードの小さな枠の角にきちんと当てられたら、ボールは素直に落ちていくので、間違いなくリングを通ってくるようになります。

 

1ドリブルからステップを加えてみよう

45度からボールを確実に当てられるようになったら、1ドリブルとステップを加えてやっていきます。

フリースローラインの右角からスタートしましょう。

 

・右手ドリブルをしながら左足を踏み出す

ボールをキャッチしながら右足を着地(1歩目)

・そのまま左足を着地(2歩目)

2歩目の左足で上へジャンプしながらボールを上へあげる

・バックボード小さい枠の角を狙う

・腕はボールを上げたほうに真っすぐ伸ばして両足で着地

 

リズムは、右・左・シュートです。

初めはゆっくりでも構いません。

ボール、手の位置、ステップを確認しながらやっていきましょう。

出来るようになってきたら徐々にスピードを上げていきましょう。

スピードUPしていくと、ジャンプした力がボールに伝わるのでシュートが楽に届くようになってきます。

 

トップスピードでやってみよう

ここまで出来るようになったら、トップスピードでやっていきます。

・1ドリブルしながら左足を踏み出す

・右・左・シュート

大事なことは、バックボードの小さな枠の角に当てることと、腕を真っすぐ伸ばしボールを真っすぐ上げることです。

 

距離を伸ばしてやってみよう

最終段階です。

スリーポイントラインくらいから、「2ドリブル+右・左・シュート」をトップスピードで出来るようになっているはずです。

真っすぐ上げることとバックボードの小さな枠角に当てることができれば、もう完璧ですね。

 

左(非利き手)もやってみよう

練習の順番は同様です。

苦手なほうなので、少し時間がかかるかもしれませんね。

焦らず繰り返しやれば、必ずできるようになります。

分からなくなったら、右手の練習を思い出してみましょう。

・バックボードの正面から真っすぐ上げて真っすぐ落ちてくるようにする。

・45度からボードの小さな枠角に当てられるようにする。

・フリースローラインの角から1ドリブル+ステップを加える。(左・右・シュート)

・トップスピードで行う。

・距離を伸ばして行う。

慌てずにできるようになってから、次のステップに進みましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

家でボールを上げる練習だけでもできますし、近くの公園などにリングがあれば自主練でもできますね。

バスケを始めたけどなかなかレイアップが入るようにならない選手や、入るようになったけどまだ安定していない選手などを、指導する参考にしてみてください。

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加