menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミン…
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
  4. 【ゴール下】高身長相手にシュートを決めるための「アンクルジャンプ」とは…
  5. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?
  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」
  7. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!
  8. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは…?
  9. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  10. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「インサイドオフェンスバリエーション」第2弾緊急リリース!

週末にBリーグやNBAを見ていました。

少し前の試合展開なら
アウトサイドは速攻の起爆剤、

またはゲームメイクがストロング
ポイントとなる選手が多かったですが、

現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと、

改めて感じさせられました。

 

そこで、本日はシューターが確実にシュートを打てる
戦術をご紹介したいと思います。

 

その答えは「ズレ」にありました。

 

バスケットボールは得点の取りあうスポーツですので

いかに、高確率でシュートを決めるかが、大きく勝敗を左右します。

 

その答えが、ディフェンスをズレさせるかが重要なのです。

 

そのために必要なのがスクリーンなのですが、

このスクリーンを始める合図として

「パス」でディフェンスを崩すことで

簡単にフリーの選手を作り出せるのです。

 

その方法はコチラの動画でご覧ください↓

 

いかがでしたか?

 

このようにスクリーンとパスを合わせて使用することで

いとも簡単にディフェンスをズレさせて、崩すことができるのです。

しかも、それだけではありません。

 

スクリーンだけでなく、パスと合わせてディフェンス陣を崩すことで

オフェンスリバウンドの取得率が各段に上がります。

 

なぜなら、動きの中でオフェンスを展開されることで

ボックスアウトで捕まりにくくなるためです。

 

もしも、あなたのチームがアウトサイドからの

オフェンスに悩みを持たれているならば、ぜひ取り入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【シュート】ゴールがなくてもシュートが上手くなる方法?【バスケ】…

  2. 【必見】アウトサイドプレイヤーのポジションについて

  3. 【バスケ】レイアップシュートを確実に決める練習とは…?【シュート…

  4. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタ…

  5. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  6. 【バスケ】シュート成功率を上げるための3つの秘訣とは…?

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時で…
  2. ■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習して…
  3. ディフェンスは正しい姿勢を身に付けることで効率的に動けるようになります。その結果、オフェンスに何…

おすすめ記事

  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
ページ上部へ戻る