menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
  4. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくださいと…
  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  6. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  7. 【選手必見】目標達成の重要性
  8. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  9. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  10. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「インサイドオフェンスバリエーション」第2弾緊急リリース!

週末にBリーグやNBAを見ていました。

少し前の試合展開なら
アウトサイドは速攻の起爆剤、

またはゲームメイクがストロング
ポイントとなる選手が多かったですが、

現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと、

改めて感じさせられました。

 

そこで、本日はシューターが確実にシュートを打てる
戦術をご紹介したいと思います。

 

その答えは「ズレ」にありました。

 

バスケットボールは得点の取りあうスポーツですので

いかに、高確率でシュートを決めるかが、大きく勝敗を左右します。

 

その答えが、ディフェンスをズレさせるかが重要なのです。

 

そのために必要なのがスクリーンなのですが、

このスクリーンを始める合図として

「パス」でディフェンスを崩すことで

簡単にフリーの選手を作り出せるのです。

 

その方法はコチラの動画でご覧ください↓

 

いかがでしたか?

 

このようにスクリーンとパスを合わせて使用することで

いとも簡単にディフェンスをズレさせて、崩すことができるのです。

しかも、それだけではありません。

 

スクリーンだけでなく、パスと合わせてディフェンス陣を崩すことで

オフェンスリバウンドの取得率が各段に上がります。

 

なぜなら、動きの中でオフェンスを展開されることで

ボックスアウトで捕まりにくくなるためです。

 

もしも、あなたのチームがアウトサイドからの

オフェンスに悩みを持たれているならば、ぜひ取り入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  2. 【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

  3. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  4. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その2

  5. 【シュート】ゴールがなくてもシュートが上手くなる方法?【バスケ】…

  6. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をして…
  2. インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。…
  3. 一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大き…

おすすめ記事

  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
ページ上部へ戻る