menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「インサイドオフェンスバリエーション」第2弾緊急リリース!

週末にBリーグやNBAを見ていました。

少し前の試合展開なら
アウトサイドは速攻の起爆剤、

またはゲームメイクがストロング
ポイントとなる選手が多かったですが、

現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと、

改めて感じさせられました。

 

そこで、本日はシューターが確実にシュートを打てる
戦術をご紹介したいと思います。

 

その答えは「ズレ」にありました。

 

バスケットボールは得点の取りあうスポーツですので

いかに、高確率でシュートを決めるかが、大きく勝敗を左右します。

 

その答えが、ディフェンスをズレさせるかが重要なのです。

 

そのために必要なのがスクリーンなのですが、

このスクリーンを始める合図として

「パス」でディフェンスを崩すことで

簡単にフリーの選手を作り出せるのです。

 

その方法はコチラの動画でご覧ください↓

 

いかがでしたか?

 

このようにスクリーンとパスを合わせて使用することで

いとも簡単にディフェンスをズレさせて、崩すことができるのです。

しかも、それだけではありません。

 

スクリーンだけでなく、パスと合わせてディフェンス陣を崩すことで

オフェンスリバウンドの取得率が各段に上がります。

 

なぜなら、動きの中でオフェンスを展開されることで

ボックスアウトで捕まりにくくなるためです。

 

もしも、あなたのチームがアウトサイドからの

オフェンスに悩みを持たれているならば、ぜひ取り入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使し…

  2. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「d…

  3. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポ…

  5. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  6. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る