menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【新作】アウトサイドの2vs2で得点を奪う方法【上達動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!

先日このようなお問合せをいただきましたので

シェアさせていただきますね。

動画でも公開しているので、ぜひご覧くださいね。

——————————————————————

【質問】
重田先生のDVDを購入した者です。

インサイドに特化したDVDは
非常に参考になったのですが、

アウトサイドからのオフェンスが
うまくいきません。

何か良いアイディアは
ありませんか?

——————————————————————

【回答】

ご感想いただきまして、誠にありがとうございます。

 

仰る通り、インサイドに特化した内容は非常に参考にしていただけたと思いますが

試合に勝つためには、インサイドのみ指導していてもいけません。

では、他に何を指導すればいいのか?

その答えは、あなたもご存じの通り「アウトサイド」です。

先日もお伝えしましが、アウトサイドプレイヤーの悩みといえば…

●プレスディフェンスをされると、フロントコートまで運べない

●ディフェンスのマークを外してシュートが打てない
 フリーを作っても、距離が遠いとドリブルしてしまう

●プレッシャーをかけられたら、シュートが入らない。

などが挙げられますが、

チームのオフェンス力から考えると、シュートの割合、そして成功率をあげなければいけません。

と、いうことは

いかに、フリーの選手を作り出せるのか?

また高い成功率のシュート技術を身に付けなければいけません。

しかし、ある方法を使えば、簡単にフリーの選手を作りだせ、

いとも簡単にゴールを決めることができるのです。

その方法こそが「ハンドオフ」を用いた、スクリーンで相手を崩す方法です。

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

いかがでしょうか?

コート半分で、2vs2のスクリーンプレーを行うことで

いとも簡単に得点が奪うことができるのです。

 

このように、11月24日(金)12時にリリースする

重田監督の第二弾DVDでは、22パターンのオフェンス理論をご紹介しています。

 

この方法を手に入れることで、あなたのチームの得点力が倍増することは間違いありません。

 

また、インサイドプレイヤーと今回の指導法を連携させることで

さらにオフェンス力向上することができます。

 

さらなる詳細は、次回をお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ練習法】なぜ、たった58分で1対1から5対5まで練習が行…

  2. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  3. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

  4. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  5. 【片岡編集長のレポート⑧】八村選手のリバウンドダンクから読み取る…

  6. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る