【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「こんなサイドステップになっていませんか?その1」

スキルアップ ディフェンス トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法


私が横の動きを練習するときに、選手たちの多くがおこなう典型的なステップの癖があります。

今回も切り返しの動きを鍛えようと、細かい足でステップワークをおこなう鍛練をしたときに、その典型の一つになっている選手がいました。

フェイスブックでもこの動画を取り上げ、二つの動画を示しどのような違いを感じるかと問い掛けて、皆さまから様々な視点をいただきました。

私は投稿でこのように質問しました。そのまま書くと、ここで読む方には伝わらないと思いますので、少し補足して書き出します。

「二人を比べると脚の使い方が違うんですが、分かりますか? ヒントは、左の動画の選手は片脚で、右の動画の選手は両脚です。さてなにが?」

投稿では動画が左右に掲載されていたため、このように書きました。

では実際の映像を見てください。

◎「左の動画」と書いた映像

 

◎「右の動画」と書いた映像

 

あなたはどのような違いを感じますか?

SNSでいただいた御意見には、蹴り足の強い方と弱い方というものが多くありました。それはたしかです。その蹴り足とも関係して直したいのは、二番目の動画(fbでは右動画)の「両脚でのジャンプ・ステップ」です。

ここに映っている選手も少し良くなっているので、その動きがくっきり出てはいません。いまからする開設と映像を組み合わせて考えてもらえたら良いかと思います。

スライドを行う際によく見るのは、両脚同時に横へスキップをするような動きです。当該の動画も左右足が多少ずれてはいますが、基本的には蹴り足がなく両脚で横へジャンプ・ステップをするようにして動いています。

そのため、キックして進む・スライドするというよりも、着地・ストップを何度も繰り返しているような動きになっています。體がスライドするたびに下へ落ちていますよね。波打つように進んでいます。

これは両脚スライドの典型です。

本当ならば左右の脚、キック・フットとリード・フットはそれぞれ同時に別の動きをします。キック・フットは横へ蹴り、リード・フットは進行方向へ出すもしくは脚を上げるという動きになります。

この動きを覚え込ませるために、鍛練では少し大げさに行わせています。最初の動画(fbでは左動画)の選手は大げさにやっているので、キックする様子がはっきり見えると思います。

これよりもスピーディな切り返しとスライドをできているのは、たとえばこちらの動画です。

 

さらに上げ足(リードフット)をもっとスムーズにしたのがこちら。教えたことを活かして、自分で現実的な動きへと上達させています。

 

ではもう一度おさらいします。

左右の脚は常に別の動きをしますから、同時に二つの動きを行えるよう訓練が必要です。

それをうまくできない人が今回のようなジャンプ・ステップ、スキップ・ステップのような動きになっていることが多く、それでは動作が連続しないのでスピードが上がりません。

上がったとしても相手に細かいステップワークをされて揺さぶられれば、ついて行けず簡単に振り切られてしまいます。

プロ選手でもここは巧くない人も多く、さらなる上達を期待させる部分とも言えます。

どうでしょう、うまく伝わったでしょうか。

最後に、おまけでもう一つ。同じく蹴り脚の弱い選手でも、別のところに原因のある動画をアップしておきます。

 

あなたならどこに目を付けますか。これはまた次の機会に、改めて詳しく解説したいと思います。

ぜひ五感を広げてチャレンジしてみてください!

 

このメルマガを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

▼宛先
・Eメール:info@basketball-school.jp

・TEL:0120-242-007 (担当:平沼)
・FAX:0120-242-215

▼募集要項
1)氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください

2)性別
3)年齢
4)お住まいの地域(都道府県)
5)内容

▼内容
今の状況
②自分が取り組んでいること
③改善・上達したい部分
④これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます