menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【必見】アウトサイドプレイヤーのポジションについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NBAが開幕しましたね。

1節しか終わっていませんが、開幕戦からスーパープレーが続出です。

(私は大興奮です。笑)

そんな中、私が注目しているのがアウトサイドのプレーについてです。

なぜ、アウトサイドのプレーに注目しているかというと

アウトサイドは、攻撃の始点となるポジションだからです。

 

私のチームでも、指導しているミニバスチームでも

各ポジションの選手を上達させるために試行錯誤していますが、

 

今日はそれぞれの役割についてご紹介していきたいと思います。

———————————————————————————————————-

■アウトサイド

アウトサイドの選手は攻撃の始点として、オフェンスのスタートさせる役割があります。

そのためボールハンドリングに長けている選手が多いです。

ドライブでのカットインや3Pなどのシュートを得意とします。

そんなアウトサイドのポジションも大きく分けて3か所あります。

———————————————————————————————————-

・ポイントガード(PG)

ポイントガードは、別名 1番と表現されることもありますが
役割としては司令塔として、ボールを回しながら、チームにリズムを与えることが大きな役割となります。

また、最近のPGはドリブルからの得点する選手が多くなりました。

上達させたい技術としては、

ボールキープ力、パスをさばく能力などから形成されるゲームメイク力が重要だと考えます。

「コート上の監督」と表現されることもあるので、1つのプレーでゲームを壊すことにもつながるので

ゲームの流れを把握し、オフェンスを整えることを練習中から考えてプレーすることをオススメします。

———————————————————————————————————-

・シューティングガード(SG)

2番と表現されるポジションで

最近では、ドライブからのカットインで得点を奪うことが多くなりましたが

勝負どころでジャンプシュートを高確率で沈めるクラッチシューター

長距離シュートのピュアシューターなど、

俗にいう「シューター」といわれる、ポジションです。

一度決まりだすと、リズムに乗って止まらないこともあります。

このポジションの選手が上達させたい技術は

シュート力だけではなく、シュートを打つ前のボールのもらい方です。

シューターとわかれば、相手チームのマークも厳しくなりますが

常にノーマークを作り高確率のシュートを打てるかがカギになります。

———————————————————————————————————-

・スモールフォワード(SF)

3番と表現されるポジションでスラムダンクでいう、

流川のポジションで「点取り屋」とされるポジションです。

3Pなどの遠距離シュートも決められるし、ドライブでガンガン相手を抜きさり得点を奪う。

どちらかというと、PGやSGが行うゲームメイクよりも

得点を奪うプレーに特化しているポジションといえます。

このポジションの選手はチームのエースとされる選手が起用されることが多く

得点が多ければ多いほど、チームが勝利に近付きます。

———————————————————————————————————-

いかがでしょうか?

 

先ほども申し上げましたが、オフェンスが始まるのは

アウトサイドの選手で、その中でもPGの選手からですが、

しかし、そのほかの選手も非常に重要です。

 

上記のことを踏まえていただき、練習に取り組むと

得られることが違うと思うので、ぜひ意識してみてくださいね。

来週はインサイドのポジションについて、ご紹介しますので

お楽しみください!

 

■お知らせ

アウトサイドの選手育成法となるDVD教材が11月にリリースとなります。

アウトサイドプレイヤーの育成法でよくある

・プレスディフェンスをされたら、捕まってしまい、フロントコートまで運べない
・インサイドやシューターのフリーがいてもすぐドリブルをしてしまう
・プレッシャーをかけられたら、シュートが入らない。
・自分より大きい選手にマッチアップされた(ミスマッチ)時の崩し方・インサイドへのパスがわかりやすく取られる

などの悩みを解消できる教材となっております。

随時情報を公開していきますので、お見逃しのないようにお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタ…

  2. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

  3. 【保護者】ミニバス選手のやる気がないことに悩んでいます…【指導者…

  4. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合…

  5. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  6. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る