【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い

スキルアップ ドリブル 動画 岡田卓也 教材

バスケットボールは野球などの道具を使って
ボールをコントロールする競技ではなく
自身の身体でボールを支配しなければいけません。

ハンドリングとは、手でボールを扱うことを言いますが
このハンドリング技術がいくら高くても
ドリブル技術が上達しない場合があります。

上手い選手というのはまるでボールが
手に吸い付くように扱っていますが

そうでない選手はボールと手の関係が「点」で
捕らえている場合が多いです。

ドリブル技術が高いと
シュートやパスなどの全ての動作が
スムースに行えるようになります。

では、ここで確認していただきたいのですが
あなたのお子さんはボールを「掌」で
付いていませんか?

この方法について、3×3日本代表の選手育成コーチの
岡田氏はこのように仰います↓

悪い例と共に、ドリブルで相手を抜くための
基本となる「フロントチェンジ」も公開しています。

ぜひ、動画を確認して
「間違えた方法」で練習していないかを
確認してあげてくださいね。

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加