menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  4. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
  5. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「dish…
  6. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  7. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合わせ方…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!
  10. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットボールは野球などの道具を使って
ボールをコントロールする競技ではなく
自身の身体でボールを支配しなければいけません。

ハンドリングとは、手でボールを扱うことを言いますが
このハンドリング技術がいくら高くても
ドリブル技術が上達しない場合があります。

上手い選手というのはまるでボールが
手に吸い付くように扱っていますが

そうでない選手はボールと手の関係が「点」で
捕らえている場合が多いです。

ドリブル技術が高いと
シュートやパスなどの全ての動作が
スムースに行えるようになります。

では、ここで確認していただきたいのですが
あなたのお子さんはボールを「掌」で
付いていませんか?

この方法について、3×3日本代表の選手育成コーチの
岡田氏はこのように仰います↓

悪い例と共に、ドリブルで相手を抜くための
基本となる「フロントチェンジ」も公開しています。

ぜひ、動画を確認して
「間違えた方法」で練習していないかを
確認してあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バス…

  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  3. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】

  4. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法

  5. 【バスケ】接戦を勝ちきれない方は必見です。

  6. 【バスケ】ゾーンプレスの攻略は簡単…?

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 前回までのメルマガでは、U16代表チームや、B.LEAGUEのプレーより、ドライブからの状況判断につ…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャンスを作るオフェンス戦術
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよう その4
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
ページ上部へ戻る