menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
  4. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくださいと…
  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  6. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  7. 【選手必見】目標達成の重要性
  8. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  9. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  10. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットボールは野球などの道具を使って
ボールをコントロールする競技ではなく
自身の身体でボールを支配しなければいけません。

ハンドリングとは、手でボールを扱うことを言いますが
このハンドリング技術がいくら高くても
ドリブル技術が上達しない場合があります。

上手い選手というのはまるでボールが
手に吸い付くように扱っていますが

そうでない選手はボールと手の関係が「点」で
捕らえている場合が多いです。

ドリブル技術が高いと
シュートやパスなどの全ての動作が
スムースに行えるようになります。

では、ここで確認していただきたいのですが
あなたのお子さんはボールを「掌」で
付いていませんか?

この方法について、3×3日本代表の選手育成コーチの
岡田氏はこのように仰います↓

悪い例と共に、ドリブルで相手を抜くための
基本となる「フロントチェンジ」も公開しています。

ぜひ、動画を確認して
「間違えた方法」で練習していないかを
確認してあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【シュート】ボースハンドシュートについて【得点力アップ】

  2. 【上達練習法】ドリブルが苦手な選手が行うべき練習メニュー

  3. 【バスケ】接戦を勝ちきれない方は必見です。

  4. 【バスケ】絶対に得点を取られる「セーフティーの位置取り」とは…?…

  5. ローポストでの面取りについて

  6. 【シュート】スナップの使い方について

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をして…
  2. インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。…
  3. 一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大き…

おすすめ記事

  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
ページ上部へ戻る