menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  4. 【ディフェンス】現代バスケット界で適応するために必要な、トランジション…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  6. 【片岡編集長のレポート⑯】強制的にハリーバックをする習慣づくりを紹介し…
  7. 【LINE限定】Bリーグ開幕特別記念!特別SALEが開催します【10月…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】プロコーチと部活動顧問は…
  9. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットボールは野球などの道具を使って
ボールをコントロールする競技ではなく
自身の身体でボールを支配しなければいけません。

ハンドリングとは、手でボールを扱うことを言いますが
このハンドリング技術がいくら高くても
ドリブル技術が上達しない場合があります。

上手い選手というのはまるでボールが
手に吸い付くように扱っていますが

そうでない選手はボールと手の関係が「点」で
捕らえている場合が多いです。

ドリブル技術が高いと
シュートやパスなどの全ての動作が
スムースに行えるようになります。

では、ここで確認していただきたいのですが
あなたのお子さんはボールを「掌」で
付いていませんか?

この方法について、3×3日本代表の選手育成コーチの
岡田氏はこのように仰います↓

悪い例と共に、ドリブルで相手を抜くための
基本となる「フロントチェンジ」も公開しています。

ぜひ、動画を確認して
「間違えた方法」で練習していないかを
確認してあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人の…

  2. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動す…

  3. アーリーオフェンスマニュアルについてご質問いただきました。

  4. 【上達】ディフェンスが上手な選手が行っている事とは…?【1つ目】…

  5. 【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるた…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 速攻などの速い展開を行うためには、速攻の展開方法を理解することが大前提として重要となります。…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.4
  2. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチームに入部する是非 その2
ページ上部へ戻る