menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  4. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
  5. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「dish…
  6. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  7. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合わせ方…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!
  10. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アウトサイドプレイヤーでよくあるのが
45度のディナイが厳しくて
ボールをもらえないことです。

しかし、多くの選手は運動量に原因があり
パスを受け取れない選手が多いようです。

■最大の問題「運動量」

パスを受けられない選手が行っているのは

「少ない動き」でパスを受け取ろうとします。

しかし、オフェンス側が少ない動きということは

反対にディフェンス側も動きが少なくて済むということです。

VカットやIカットを行っても

パスを受けられない、パスカットされてしまう原因の

多くは運動量にあったのです。

 

では、多くの選手が大きく動けば、パスを受けられるとわかっていながら

なぜ運動量が少なくなってくるのか?

その理由は【動き方を理解できていない】ことにあります。

 

基本的な動き方を知っていれば

あとはディフェンスの位置を見て、様々なカット(動き)で

常に先手を取ることができます。

 

45度でパスを受けられない選手は

まずは基本の動きを身に付けましょう。

 

基本の動き方、動画で紹介しています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】子供を真剣に楽しませられる指導法とは…?【育成法】

  2. 【上達】ディフェンスが上手な選手が行っている事とは…?【1つ目】…

  3. 【アナライズ】片岡編集長のレポート①

  4. 【バスケ】兄弟がバスケットをやられてる保護者の方から質問をいただ…

  5. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】

  6. 【バスケ】走るコースによって速攻が無駄になります。

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 前回までのメルマガでは、U16代表チームや、B.LEAGUEのプレーより、ドライブからの状況判断につ…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャンスを作るオフェンス戦術
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよう その4
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
ページ上部へ戻る