【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

シュート スキルアップ チーム戦術 ドリブル 指導者 育成法

アウトサイドプレイヤーでよくあるのが
45度のディナイが厳しくて
ボールをもらえないことです。

しかし、多くの選手は運動量に原因があり
パスを受け取れない選手が多いようです。

■最大の問題「運動量」

パスを受けられない選手が行っているのは

「少ない動き」でパスを受け取ろうとします。

しかし、オフェンス側が少ない動きということは

反対にディフェンス側も動きが少なくて済むということです。

VカットやIカットを行っても

パスを受けられない、パスカットされてしまう原因の

多くは運動量にあったのです。

 

では、多くの選手が大きく動けば、パスを受けられるとわかっていながら

なぜ運動量が少なくなってくるのか?

その理由は【動き方を理解できていない】ことにあります。

 

基本的な動き方を知っていれば

あとはディフェンスの位置を見て、様々なカット(動き)で

常に先手を取ることができます。

 

45度でパスを受けられない選手は

まずは基本の動きを身に付けましょう。

 

基本の動き方、動画で紹介しています↓

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加