menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】
  2. 【重田理論】ローポストでの面取りについて
  3. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?
  4. 試合で結果が出ないオフェンスとは?
  5. 【新作】アウトサイドの2vs2で得点を奪う方法【上達動画】
  6. 【上達練習法】ドリブルが苦手な選手が行うべき練習メニュー
  7. 【必見】アウトサイドプレイヤーのポジションについて
  8. 【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い
  9. 【上達】ディフェンスが上手な選手が行っている事とは…?【1つ目】
  10. 【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達動画】プレーの質を向上させるための「ジョイント」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ジョイント」というバスケ用語はご存じですか?

私も初めて聞いたのですが
内容を見ると、その重要性をすぐに理解できました。

翻訳すると「つなぎめ」や「継ぎ手」
という意味の言葉ですが、バスケットの
プレーに置き換えると、

パスキャッチ、またはドリブルから
【シュートやパスを行うまでのプレー】のことです。

つまり、ボールを保持した状態から
何らかのアクションを起こすときのことです。

普段教えない技術ですが、
プレーとプレーの間の動作をスムーズに
行えないと、精度やフォームにも影響します。

まずはコチラの動画をご覧ください。

ボールポジションを身に付けることで
プレーとプレーの間に生まれる間を
スムースに行うことができるので

「プレーのスピード」を上げられることができます。

例えば、ワンドリブルからのシュートの場合
パスを受けてからドリブルで攻めるまでのスピード、

ドリブルから急ストップしてから
シュートまでの動作のスピードが上がることで、

プロ選手のような素早いオフェンスを
仕掛けることができます。

基礎動作となりますので
ぜひ、覚えてくださいね!

ボールポジションをもっと詳しく知りたい方はコチラ↓
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/1/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【シュート】ボースハンドシュートについて【得点力アップ】

  2. 【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

  3. 【指導者】「怒られている子供を見たくないのですが…」と質問を頂戴…

  4. 【バスケ】子供を真剣に楽しませられる指導法とは…?【育成法】

  5. 【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる…

  6. 【シュート】ゴールがなくてもシュートが上手くなる方法?【バスケ】…

バスケット無料動画

ピックアップ記事

  1. ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思い…
  2. ローポストでの面取りはバスケットにおいてとても重要なテクニックの一つです。…
  3. 今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。チームでは、男子、女子の監督を務めています。そんな…

おすすめ記事

  1. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】
  2. 【重田理論】ローポストでの面取りについて
  3. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?
ページ上部へ戻る