menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達動画】プレーの質を向上させるための「ジョイント」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ジョイント」というバスケ用語はご存じですか?

私も初めて聞いたのですが
内容を見ると、その重要性をすぐに理解できました。

翻訳すると「つなぎめ」や「継ぎ手」
という意味の言葉ですが、バスケットの
プレーに置き換えると、

パスキャッチ、またはドリブルから
【シュートやパスを行うまでのプレー】のことです。

つまり、ボールを保持した状態から
何らかのアクションを起こすときのことです。

普段教えない技術ですが、
プレーとプレーの間の動作をスムーズに
行えないと、精度やフォームにも影響します。

まずはコチラの動画をご覧ください。

ボールポジションを身に付けることで
プレーとプレーの間に生まれる間を
スムースに行うことができるので

「プレーのスピード」を上げられることができます。

例えば、ワンドリブルからのシュートの場合
パスを受けてからドリブルで攻めるまでのスピード、

ドリブルから急ストップしてから
シュートまでの動作のスピードが上がることで、

プロ選手のような素早いオフェンスを
仕掛けることができます。

基礎動作となりますので
ぜひ、覚えてくださいね!

ボールポジションをもっと詳しく知りたい方はコチラ↓
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/1/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合…

  2. 【バスケ上達】ダウンスクリーンで簡単で得点を奪う方法【動画】

  3. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化…

  4. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  5. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  6. 【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る