【バスケ】何度も連続してオフェンスを行うフォーメーション【フレックス】

シュート スキルアップ チーム戦術 パス 二杉茂 指導者 育成法

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、
1試合、ずっと素早い展開で攻められません。

なぜなら、ディフェンスも
速攻を防ごうとハーリーバックするためです。

そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが…

ハーフコートのオフェンスは
技術の差が生まれてしまうため
苦手としてるチームが多いです。

そこで、技術力をカバーするための
方法こそが「フォーメーション」です。

では、どのようなフォーメーションが有効なのか?
そこで活用してほしいのが
「フレックスオフェンス」です。

フレックスオフェンスとは横軸と縦軸のスクリーンを
連続して行う事によって、ノーマークの選手を作り
イージーシュートを狙うプレイです。

強豪チームも取り入れるフォーメーションですが
シンプルで導入しやすいフォーメーションなので
ぜひ、お試しください。

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます