menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  3. 【選手必見】目標達成の重要性
  4. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  5. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  6. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
  7. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?…
  8. 【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法
  9. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】…
  10. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】何度も連続してオフェンスを行うフォーメーション【フレックス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、
1試合、ずっと素早い展開で攻められません。

なぜなら、ディフェンスも
速攻を防ごうとハーリーバックするためです。

そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが…

ハーフコートのオフェンスは
技術の差が生まれてしまうため
苦手としてるチームが多いです。

そこで、技術力をカバーするための
方法こそが「フォーメーション」です。

では、どのようなフォーメーションが有効なのか?
そこで活用してほしいのが
「フレックスオフェンス」です。

フレックスオフェンスとは横軸と縦軸のスクリーンを
連続して行う事によって、ノーマークの選手を作り
イージーシュートを狙うプレイです。

強豪チームも取り入れるフォーメーションですが
シンプルで導入しやすいフォーメーションなので
ぜひ、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い

  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  3. 試合で結果が出ないオフェンスとは?

  4. 【バスケ】走るコースによって速攻が無駄になります。

  5. 【攻略】ゾーンディフェンスをカンタンに攻める方法

  6. 【育成法】センタープレイヤーを中心としたチーム作りをこっそり教え…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 前回の記事で、「ティーチングとコーチングの違いについて、ご紹介しましたが、記事を読まれた読者…
  2. 先日、ネットニュースを見ていると野球日本代表の4番 筒香選手がどのようにして開眼したのか?という…
  3. 2018年、一回目となりましたがやはりテーマは「目標設定」でいきたいと思います。…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を考えてください。【指導】
  3. 【選手必見】目標達成の重要性
ページ上部へ戻る