menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  4. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  6. 【片岡編集長のレポート】良いトランジションディフェンスと悪いトランジシ…
  7. 【片岡編集長のレポート】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP T…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  9. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密【バス…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】何度も連続してオフェンスを行うフォーメーション【フレックス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、
1試合、ずっと素早い展開で攻められません。

なぜなら、ディフェンスも
速攻を防ごうとハーリーバックするためです。

そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが…

ハーフコートのオフェンスは
技術の差が生まれてしまうため
苦手としてるチームが多いです。

そこで、技術力をカバーするための
方法こそが「フォーメーション」です。

では、どのようなフォーメーションが有効なのか?
そこで活用してほしいのが
「フレックスオフェンス」です。

フレックスオフェンスとは横軸と縦軸のスクリーンを
連続して行う事によって、ノーマークの選手を作り
イージーシュートを狙うプレイです。

強豪チームも取り入れるフォーメーションですが
シンプルで導入しやすいフォーメーションなので
ぜひ、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: マイボトルのすゝめ

  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議

  3. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

  4. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  5. 【片岡編集長のレポート⑧】八村選手のリバウンドダンクから読み取る…

  6. 【攻略】ゾーンディフェンスをカンタンに攻める方法

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 前回までは、防げたかもしれない失点を防ぐための手法の一つとして、トランジションディフェンスを中心に扱…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その3
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結する理由
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その2
ページ上部へ戻る