menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】何度も連続してオフェンスを行うフォーメーション【フレックス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、
1試合、ずっと素早い展開で攻められません。

なぜなら、ディフェンスも
速攻を防ごうとハーリーバックするためです。

そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが…

ハーフコートのオフェンスは
技術の差が生まれてしまうため
苦手としてるチームが多いです。

そこで、技術力をカバーするための
方法こそが「フォーメーション」です。

では、どのようなフォーメーションが有効なのか?
そこで活用してほしいのが
「フレックスオフェンス」です。

フレックスオフェンスとは横軸と縦軸のスクリーンを
連続して行う事によって、ノーマークの選手を作り
イージーシュートを狙うプレイです。

強豪チームも取り入れるフォーメーションですが
シンプルで導入しやすいフォーメーションなので
ぜひ、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート】良いトランジションディフェンスと悪いトラ…

  2. 【武学籠球】なぜ「武学」がバスケに応用可能なのか?

  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

  4. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。

  5. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲーム…

  6. 【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る