menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、チーム練習の際に
ディフェンスの練習を行うことになりました。

大人になってディフェンス練習なんてするとは
思っていませんでしたが…笑

その練習方法が、とても良い内容だったので
シェアさせていただきますね。

まずはコートに
11人が必要となります。

通常はオフェンス(5人)とディフェンス(5人)が
合わせて10人ですが、

この練習法では、オフェンスが6人、
ディフェンスが5人となります。

ボールを一個用意して
オフェンスは3Pラインよりも外に配置してください。

ちょうどツーガードの位置に2人、
0度に2人、その間に2人がいる感じです。

ディフェンスは、ボールマンに一人がマークし
残りは2、3番目のポジション(ヘルプポジション)につきます。

ここまでが、準備です。

では、実際にどのようにして
練習していくか?

それは…ボールを回すだけ。

ただ、それだけです。

オフェンス側は、どこにボール回しても
問題ありません。

逆にディフェンス側は、近くの選手に
パスが回ってきたらマークしにいきます。

これを10回してみてください。

実際、行ってもらうとわかると思うのですが
終わった後はバテバテになります。

ここで、気付いてほしいポイントが
10回ボールを回すだけで、ディフェンスは
バテバテになります。

つまり、ハーフコートでオフェンスを展開するときは
ドリブルよりもパスを回すことの方が有効になります。

多くのチーム、そして選手の意識が
ドリブルにいきがちですが、

パスを回すことの重要性を
同時に理解してもらえる練習法となります。

ぜひ、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!

  2. 【アナライズ】片岡編集長のレポート①

  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人の…

  4. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド…

  5. 【レビュー】星澤理論から紐解く、バスケ上達のための術とは?【新作…

  6. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その2

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る