menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】現代っ子は、ハーキーできない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんばんは!

本日は、ハーキーできない選手について

ご質問を頂戴しましたので、シェアさせていただきますね。

 

 

【ご質問】

おはようございます

いつも勉強になるメルマガありがとうございます

 

チームの指導をしていて今までに2人、

どう教えてもハーキーができない生徒がいますので

何か良いアドバイスがあればお願いします

 

動き出しの一歩のDVDやカラダ作りのDVDの紹介等も

ありましたので、何か教えていただけたら、と思って質問します

 

ハーキーができないとバスケットができない訳ではないのですが

その生徒は切り返しの一歩で躓くような感じになります。

 

Def強化のメニューでは当然ハーキーだけのメニューもありますが

大きくしか踏めず、その場で踏むこともできず前や斜めにずれていきます

 

細かいステップを踏んでおくことでどこにでも対応できる準備が整うと考えます

ドリブルで相手を抜く前のジャブステップ、スタッターステップ

Defだとヘルプポジションからマイマンに戻る時、等ハーキーが有効だと

 

その選手はプレーの柔軟性、しなやかさ、順応性も鍛えられたらもっと

伸びると思っています 何か良い方法あれば教えて下さい。

よろしくお願いします!

 

【回答】

いつもご指導お疲れ様です。

文面から見て、本当に選手のことをよく観察されていますね。

ハーキーができる=上達に結びつきにくいと考えられますが

 

その先の、プレーの柔軟性をまで考えられていることは

本当に素晴らしいですね。僕も勉強になります。

ありがとうございます。

 

もしかすると、あなたのチームでも

ハーキができない選手がいるかもしれませんね。

 

そこで、「ハーキー」ができない選手への

指導法をお伝えしたいと思います。

 

そもそも、なぜハーキーができないのか?

以下の2つが原因と考えられます。

 

■1つ目の原因 「動作そのものを理解していない」

ミニバスや中、高校の初心者に

多く見られることですが、

 

ハーキーのそのものの動作を

理解していない選手は非常に多いです。

 

つまり、動きを理解していないため

どのように動けばいいのかわからないため

ただ、足をバタバタとしているだけです。

 

大きくしか踏めない、前後左右に動いてしまうと

いった症状は、そのことが原因です。

 

そこでまずはゆっくりでもいいので

身体で動作を覚えさせる練習を行ってください。

 

例えば、

1. ハーキーの姿勢から足踏みする。ゆっくりで構いません。

(足幅は狭くても構いません)

2. ゆっくりでも動きが行えたならスピードを上げて、リズムを作る動きを身につけさせる

3. リズムが作れたなら足の幅を広げていく

(足幅を肩幅程度に広げて行う)

といった順番で行ってみてください。

 

 

■2つ目 「腰が高い」

ディフェンスでもっとも大切なので

腰の位置が低いことと言っても過言ではありません。

 

動作を理解していても速く、細かいステップで

ハーキーが上手くできない選手は

腰が高い=膝が曲がっていない選手が多くいらっしゃいます。

 

これはハーキーのみに関わらず

プレーにも柔軟なプレーが行われない原因にもなります。

 

今回のメールの内容を拝見させていただきますと

2つ目の原因が当てはまる可能性が高いと考えます。

 

その場合、腰を落とした状態でハーキーを行ってみてください。

 

慣れていない分、ぎこちなさはあるかもしれませんが

以前よりかは細かいステップになっているはずです。

 

もしも、腰を落としても改善されない場合は

もう一つの原因も考えられますので、リズム作りを行ってみてください。

 

以上となります。

 

ハーキーができない選手の多くが

リズムを作れないことに原因があります。

 

そして、もう一つの原因は

腰や膝が棒立ちの状態だからです。

 

プロ選手たちは常に姿勢が低い状態からプレーを始めます。

 

あなたのチームにハーキーができない

選手がいる場合、是非上記の方法を試していただき

 

プロ選手のような、姿勢を入れて

上達のヒントを手に入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは……

  2. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「d…

  3. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  4. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使し…

  5. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使し…

  6. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る