menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミン…
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
  4. 【ゴール下】高身長相手にシュートを決めるための「アンクルジャンプ」とは…
  5. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?
  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」
  7. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!
  8. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは…?
  9. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  10. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

アーリーオフェンスマニュアルについてご質問いただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は「アーリーオフェンスマニュアル」DVDについて

ご質問をいただいたので、シェアさせて頂きますね。

 

【質問】

「アーリーオフェンスマニュアル」を購入したYです。

今、自分のチームで練習しています。

DVDの内容についてご質問です。

 

センター(またはF)がゴール下でリバウンドを取ってからの

4レーン速攻は理解しましたが、外角シュートが外れ、

 

ガード陣(3-2の上3人)がリバウンドを取った場合

(特に中央の選手)がリバウンドを取った時は、

近い方のサイドにサイドアウトして、同様に4レーン速攻でしょうか?

(3-2の上3人が取った場合が?です。)

よろしくお願いいたします。

 

【倉田先生からの解答】

早速ですがお答えします。

アーリーオフェンスの始まりは5on5(同数)が想定です。

 

上記の文面からはガードがボールをキープした時点で

コートの縦割りの、4つの地域を埋めていく感覚でスタートすれば、

 

アーリーよりも速攻(ファーストブレイク)が自然に

おきてくるのではと、想定されます。

 

ボール保持者よりも、早い飛び出しで

アウトナンバーが出来る確率は高いのでは考えられます。

 

結果、4レーンとなる意識で取り組まれたら

いいのではないかと推測したします。

 

アーリーオフェンスの利点は、破壊力とフロアーバランスで

攻めながら守るも含まれております。

 

実力の接近している、またレベルの高いチームでは

ノーマークができる確率は少ないので、

 

総合力で創られたシステムがアーリーであり、

複数のメンバーのプレイの参加のシステム化であり、

4レーンであっても、

 

プレイ上の参加は最大限3人、あとの2人は

セーフティの考え方が必要です。

 

故に文面上の3-2の、3の1人がボールを得た時に

相手がセーフティー2ならば3人参加、3ならば

4人の感覚でいてください。

 

当然、ボールを持った時点でノーマークならば、

一人(ドリブル)で行けばいいし、相手セーフティが一人なら

 

もうひとり参加して、アウトナンバーを創ればそのシリーズは

得点する可能性は大きいと考えられます。

 

ボール保持者がフロントコートに近ければ、近いほど

速攻イメージであり、その時点でオフェンス&ディフェンスが

どうするならば、アーリーをイメージさせて、

 

トレーラー(4人目)の参加をいつも通り

アーリーパターンに組み立てていけばよい。

 

4レーンでも3人の参加であるは矛盾しているようでも、

上位チームに残るチームの多くはプラス1、

何かを付け加えて、プレイをデザインしています。

 

その中でフロアーバランスを崩さないことをプログラムして、

1ゲームをデザインしている傾向が強く表れている。

 

アーリーオフェンスマニュアルDVDは、ハーフコート

リバンドバールからのスタートを

想定してご覧頂ければと考えます。

 

次のステップとして、練習メニューには、ボール保持の

地域をハーフコート(バックコート)9分割で

スタートを考えれてたらいかがでしょうか。

 

その地域で相手の状況をイメージして(同数、アウトナンバー)

プレイ参加タイミングをはかることを練習スキルに

加えられてみてください。

 

ハーフコートを拡大してオールコートでもコーチングの

嗜好レベルでコート分割でのオフェンスのスタート地点を

考えると少し視点が変わります。

 

私自身はハーフコートボール保持地域

9分割とオールコート立て4分割の意識づけを行っております。

 

4レーンの基本的な考え方は、味方の誰かがボール保持した時に

残りのメンバー4人が一斉に攻撃に参戦する基本的な考え方です。

 

よ~いドンでチームメンバーがスタートし、セーフティーなど

考えていくとDVDの形をフロントコートで創る考え方の浸透です。

 

相手チームの状況を特にセーフティーとの関係を想定した

スキル&メニューは必要になってくると考えられます。

 

近代バスケの1つであるトランディションゲームにおいての

破壊力への道へのトレーラー&チームの連続性から出来たものだと

理解していただければと考えます。

 

スキル、メニューが出来ると次にが起きてくることは

当然だと理解しております。

 

戦術・戦略・戦法やコーチング嗜好により、変わっていくことが

大切であると考えます。

 

アーリー&トランディションゲームはリンクされていくべきものです。

 

コーチングレベルが上がれば、次がある。

 

日々のご努力に敬意を感じます。

 

スポーツ・コーチング総合研究所

オフィスKURACH 倉田伸司

————————————————————-

今回は、とても勉強になる内容ですね。

さすが倉田先生です。

 

アーリーオフェンスはとても有効なオフェンス方法です。

 

速い展開を5人全員で創り上げることで可能になるので

身体能力は関係ありません。

 

もしも、あなたのチームが

オフェンスで得点を取れずに迷われているのなら

 

是非、DVDから試合に勝つための

超オフェンス的戦術をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

  2. 【得点の取り方】インサイドのダブルチーム対策【攻め方】

  3. 【ミニバス】指導者から「どうしたらいいんだ!」と質問を受けました…

  4. 【ドリブル】上手くなる方法と上手くならない方法の違い

  5. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  6. 【必見】アウトサイドプレイヤーのポジションについて

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時で…
  2. ■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習して…
  3. ディフェンスは正しい姿勢を身に付けることで効率的に動けるようになります。その結果、オフェンスに何…

おすすめ記事

  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
ページ上部へ戻る