menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!

先日の試合で見事なまでに完勝したのですが

その要因は「ゾーンディフェンス」を上手く

攻略できたことにあります。

 

「ゾーンに対する対策をチームが共有できた」

 

ミニバス、中学生や高校生などでも

ゾーンを攻略することを苦手としているチームは

少なくないはずです。

 

そんなゾーンディフェンスを攻略するにおいて

もっとも重要なのは、相手の陣形を見破り

 

どのポジションで攻めるのかをコートにいる5人

全員が理解していることが大切です。

 

今回の試合の場合、3-2の陣形でした。

 

このゾーンに対して有効な攻め方は

2-1-2、もしくは2-3-1でしょう。

 

以前のメルマガでゾーンディフェンスに対しては

ディフェンスとディフェンスの間に位置することが

良いと言いました。

 

今回の場合だと攻め方は2パターンあります。

 

・2-1-2の場合

まず相手の3に対して間を位置するように

ガードポジションの二人が2に入ります。

 

また、1のハイポストにセンターを入れます。

 

最後にローポストに2を位置させます。

 

この攻め方の場合ポイントは

最後の2をローポストに限らせず

0度ポジションに位置させることです。

 

そうすることで相手の3の両ウイングは

必然的に下がらなければならなくなります。

 

そこで、ガードポジションに

パスを返すことで楽にシュートが打てるように

なります。

 

 

・2-3の場合

こちらもガードポジションの位置は同じです。

 

先程と違う点はローポストの2を

45度ポジションまであげることです。

 

先程よりも高い位置のため

相手の3の両ウイング、下周りの2のどちらかが

出てくるかで攻めるポイントが変わります。

 

例えば3の両ウイングが出てきた場合は先程と同じで

ガードポジションにボールを返して楽にシュートが打てます。

 

下周りの2が出てきた場合

意外に知られていないのですが

 

ハイポストの1がローポストに下ってきます。

 

これだけでゴール下のシュートが打てるようになるのです。

 

このように、ゾーンを苦手と思っている選手は

「攻めるポイント」を理解していないことが原因です。

 

この原因を取り除いてあげれば

相手がゾーンで守ってきても余裕を持って

プレーできることができます。

 

練習から選手に考えさせながら指導することで

選手に気付きを与えることができます。

 

ぜひ、一度ゾーン対策の際にお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  2. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  3. アーリーオフェンスマニュアルについてご質問いただきました。

  4. 【シュート】スナップの使い方について

  5. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくだ…

  6. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使し…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る