menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

仕事などが被ってしまい、足を運べていなかった

ミニバスの指導に、先日行ってきました。

 

久しぶりに練習に参加したのですが、

選手、それぞれが目標に向かって

 

懸命に練習に励んでいる姿に

逆にこちらが、学ばせてもらう時間となりました。

 

こういった時間が指導者として自身が

成長できる時間でもあると、改めて気付きを得られ

とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

 

さて、その練習の休憩中に

小学4年生の男の子から、このような質問を受けました。

 

「なーなー、コーチ。俺レイアップシュート苦手やねんけど

どうしたら上手くなるん? コーチみたいに背が高くなかったら

レイアップシュートは決められへんの?」と。

 

彼からの質問をそのまま書かせて頂いたので

少々関西弁でわかりにくいかもしれませんが

 

まとめると、彼は、先日の試合でレイアップシュートが入らずに

どうすればいいのかわからないと悩んでいました。

 

話を詳しく聞き、実際に彼のプレーを見てみると

彼のレイアップシュートが外れる問題点を、2つ見つけました。

 

もしかすると、あなたのチームにも

このような選手がいるかもしれません。

 

  • 原因1:レイアップシュート時のステップが合わない

 

よく、ミニバスの選手や中学校から

バスケットを始めた選手に多いのが、

 

レイアップシュートの際に

ステップが逆になることがあります。

 

正しいステップは、右サイドの場合「右⇒左」という順で、

逆に、左サイドの場合なら、「左⇒右」とステップを踏みます。

 

一般的なチームには、右利きの選手が多いので、

「右⇒左」のステップを得意としなければならない選手が

多いのですが、どうも足が逆になってしまいがちです。

 

この原因は、【軸足を理解】していないからです。

 

先程、申し上げたステップはドライブのときも同じです。

 

右サイドで、左足から足を踏み出すと

ドリブルを突きだしにくいですよね。

 

踏み出せたとしても、一歩目の段階で

相手を抜けるようなスピードには乗れないはずです。

 

右サイドなら、「左足を軸足」に「右足を踏み出す」ことで

一歩目からスピードに乗れて、相手を抜けるようになります。

 

これと同じで、レイアップシュートでも

右⇒左とステップを踏むことで、ゴールに向かって高く飛べて

よりレイアップシュートを決められる確率が高くなります。

 

しかし、この軸足を選手に理解させることは

とても苦労します。

 

カンタンではありますが、選手が体感して

理解するまでに時間がかかるプレーの一つです。

 

では、どうやって選手たちに、それを理解させるのか?

 

実は、とてもカンタンな方法です。

私の場合は、ステップのときに声をかけてあげます。

 

それも選手が混乱するような、複雑な声かけではなく

右、左といった単純な声かけです。

 

「そんなことでいいの?」

「たったそれだけ?」

と思われたかもしれませんが意外と効果が大ありなのです。

 

実は、私もバスケットを始めた頃

一番苦手としていたのがレイアップシュートです。

 

ステップが合わずに、逆足でぎこちないシュートや

ディフェンスがいれば、外に膨らむことでさらにステップを

踏みずらくなってしまい、シュートすら打てなかった

苦い思いをしたことを、今でも覚えています。

 

それを解決できた要因が、この声出しです。

 

ステップの際に、右、左と自分で声を出したとき

スムーズにシュートが打てたのです。

 

左、右と逆の声を出せば、ぎこちないシュートというのが自身でも

よくわかります(体感できます)からね。

 

また、声を出し続けていると、自然とステップを

身体が覚えられ、最終的には声を出さずに

正しいステップを踏むことができます。

 

実際、悩んでいた選手はこの声かけをしてあげると

たった3回目でタイミングが合い、スムーズにステップを踏んで

シュートが打てるようになりました。

 

これは本当にオススメです。

 

1人が上手くいくと、周りも同じように

声を出してレイアップシュートに励むようになります。

 

単純な声出しでこれだけ意識が変われば

練習で得られる効果は、今までの

何倍もの質の高いプレーになります。

 

また、指導者側も、選手が理解しやすいように

シンプルに伝えるだけですので、

お互いにとって“良い環境”が作れますよね。

 

…しかし、ステップが上手くなった彼ですが

肝心のシュートが全て入りません。

 

それこそ、二つ目の原因だったのですが…

 

こちらは、また次週のメルマガでお話させていただきますね。

 

あなたも、是非一度お試しください。

http://www.basketball-school.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

  2. 【新作】アウトサイドの2vs2で得点を奪う方法【上達動画】

  3. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合…

  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

  5. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バス…

  6. 【上達練習法】ドリブルが苦手な選手が行うべき練習メニュー

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る