menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
  4. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付ける方…
  5. 【レビュー2】星澤コーチが提唱する戦術を学べるだけではありません。【新…
  6. 【レビュー】星澤理論から紐解く、バスケ上達のための術とは?【新作DVD…
  7. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  8. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴
  9. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  10. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】シュート成功率を上げるための3つの秘訣とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は「ボールの回転」について。

 

ボールに回転をかける理由をお話する前に

まず思い出して頂きたいシーンがあります。

 

あなたは試合や練習でシュートが入った直後にネットがリングよりも上に出てくる

もしくは、真横(後ろ)に流れているシーンを見たことありませんか?

 

シューターの選手が放ったシュートでは

よくこういったシーンを見かけますよね。

 

これは、ボールに「上手く回転がかかっている時だけ」に起こる現象です。

 

以前「シュートタッチ」を正しくすることで方向と高さを決められるとお話をしましたが、

実は、「回転」はリングへの正しい軌道を描かせるために必要な技術です。

 

「回転」はそのタッチが正しく行えているかを

判断でき、再現性を生みだすためにとても重要なのです。

 

ボールに回転が、かかっていないことは

スナップがかけられていないということなので、

 

リングに対してのボールへの軌道は

  1. 余分なまでに高い軌道を描く
  2. 高さがなく、直線的な軌道を描く

となってしまいます。

 

これでは、少しの左右のブレが原因でシュートは外れてしまい

再現性がないシュートとなってしまいます。

 

正しいボールの軌道は正しい回転をかけることにより

左右のブレをなくし、まっすぐリングに向かって打つことができます。

 

これを可能にするのがボールに回転をかけるための「スナップ」です。

 

再現性を持つことによって、安定したアベレージを保つことができ

そのシュートは試合や練習など、環境が変わっても変化することはありません。

 

また、多少ボディバランスが崩れても

リングに対して、まっすぐな正しいボールの軌道を描けるため

空中戦にも強くなることは間違いありません。

 

つまり、どのような場面でも

“安定したシュート”を手に入れられることができるのです。

 

是非、あなたも自身の

「フォーム」「スナップの指」「ボールの回転」の3点を

練習から意識してみてください。

 

きっと今まで以上にシュートに対して

気付きと自信を持つことができるでしょう。

 

シュートに大切な「フォーム」「スナップ」「ボールの回転」を

意識して、シュート成功率を高めたい方はコチラの記事もご覧ください。

http://www.basketball-school.jp/shoot/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ミニバス】指導者のあり方についてご質問をいただきました【指導法…

  2. 【重要】ご登録ありがとうございます。

  3. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  4. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 

  5. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使し…

  6. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 大学リーグや、B.LEAGUEのアーリーカップが開催しました。今年も本格的なバスケットボール…
  2. これまでのメッセージを通じ、本稿筆者の視点から、プレーの特性、指導哲学、ドリルの構成などを通じ、『超…
  3. 本メッセージでは、映像教材の中での指導内容の大きな流れについて紹介する事を試みたい。「単純性…

おすすめ記事

  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
ページ上部へ戻る