この順番で指導すれば、選手は必ず上手くなる。

移動用

教えても、教えても上達しない選手たち…。

自分の教え方が悪いと、何冊の技術指導書を読み漁り
多くの指導者の方にも話を聞いて、選手たちを上達させようと
必死だった金田先生。

 

そんな金田先生がたどり着いた指導法は
基本技術を必要最低限に絞り込む」という大胆な発想でした。

 

通常はシュート、パス、ドリブル、リバウンドなど
数多く存在するオフェンス技術ですが、

金田先生はこれらの中から

①ドリブル
②シュート
③リバウンド

3つに絞り込むことで、それまで数個の技術を同時に教えていた
指導よりも、短期間で選手を上達させることができました。

 

きっと先生もすでにこの3つの技術を指導されていると思いますが
なぜ、金田先生は短期間で選手を育てられたのか…?

 

本当に3つの指導だけで試合に勝てるチームが作れるのか?

きっとあなたも、こう思われたと思います。

 

実際、これらの練習をかさねてきた、今の上級生たちが
試合で活かせずに、勝てないでいるとしたら、
すぐには信じられないかもしれません。

 

練習はしているけど

「ドライブで抜こうとしても、相手にかんたんに止められてボールを奪われてしまう…」
「練習では成功率の高いシュートも、試合になると、まったく入らない…」
「リバウンドに入ろうとしても、試合になると、相手にスクリーンされてとれない…」

こんなシーンを何度ベンチから見てこられましたか?

 

では、金田先生は、どのようにこれらの問題を解決しているのか?

 

そこには、多くの指導者が考えたことがないであろう
ポイントが隠されていました。

 

それが、「練習する順番」です。

 

多くのチームでは、ドライブ、シュート、リバウンドは、
1日の部活のなかで、平行して練習されていると思います。

 

ときには、マンネリするのを防ぐため、
意識的に練習の順番を入れ替えているかもしれません。

 

でも実は、ここに上達できない大きな原因が隠されているのです。

 

金田監督は、この3つの技術を教えるとき、

1. ドライブ

   ↓
2. シュート

   ↓
3. リバウンド

 

必ず、この順番で指導をはじめます。

 

なぜなら、この順番で練習することで、
選手の上達スピードは「2倍以上」速くなるからです。


なぜ、そんなに上達が速くなるのか?

その理由は、カンタンです。

考えてみてください。

 

もし、1番はじめに、ドライブを覚えたら?

 

相手のディフェンスはうかつに近寄れないので、
試合中、シュートを打てるチャンスをたくさん作りだすことができますよね。

 

つまり、「ドライブが上手くなる = シュートチャンスをたくさん作れる

ことになります。

 

その結果、オフェンスに幅を持たせられることができ

今よりも確実にチームの攻撃力がアップします。

 

 

このように、数多く存在する基礎技術ですが

その中でも“上達させるための最短ルート”を導きだすためには

指導する技術を絞りこみ、指導する順番が重要となるのです。

 

もちろん、それはオフェンスだけではありません。

ディフェンスも同じことが言えます。

 

さらに、オフェンスとディフェンスに共通する

「あるコト」を身に付けることで選手たちに特別な技術指導を習得しなくても

かんたんに上達させられることが可能となります。

 

その全貌が5月14日(水)に明らかになります…

 

dvd3

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます