ミートの技術

移動用

From バスケットボール事務局

 

先日、久しぶりにミニバス指導のため
体育館まで向かいました。

 

選手一人ひとりが与えられた課題、
自分自身に課した課題をクリアにするために
黙々と練習に励む姿に、逆に元気や勇気をもらえました。

 

そんな練習の休憩中に、何人かの選手たちが
45度付近に集まって話をしていました。

 

少し様子を見ていると
ケンケンパーをしていたので


「遊んでいるのか?」と思ったのですが、

どうやら遊んでいるのではなく

 

ミートについて話をしているのでした。

 

ミートで、ケンケンパー?と思っていたのですが
子供たちらしい発想で、できない選手に
教えていたのでした。

 

実は、選手たちはリズムを掴めるように

「ケンケンパー」を指導していたのです。

 

自分たちで考え、できる選手ができない選手に

「どうすれば理解できるのか?」を考え抜いた結果です。

 

「素晴らしい」の一言ですよね。

 

もちろん、上手くできた選手もいれば

できない選手もいたのですが、

 

工夫をして人に伝えるということを

行った選手たちの成長を見ていて

心から嬉しく思えました。

 

さて、話はミート技術に戻しますが、

あなたの選手はミートを上手くできていますか?

 

先日の合宿で、倉田先生は

ミートを習得するための方法として

長い距離を取り練習させていました。

 

長い距離からボールを取るということに

意識を集中させることで、自然と選手たちが

ミートを行えるようになります。

 

なぜなら、ミートの足に意識を取られ過ぎず

自然と脚運びが行えるようになるからです。

 

この方法でミートを身に付けた結果、

ハーフコートからワンドリブルで

レイアップシュートまでいけるようにもなります。

 

その時の模様はコチラから↓

 

 

「君たちの世代はすぐに無理だという。でも無理ではありません。」

 

倉田先生のこの言葉が

とても印象深くと感じました。

 

「やる」「やらない」かでは

結果に大きく違いが生まれる。

 

まさに、そのことを改めて考えさせられた瞬間でした。

 

倉田PJ

 

倉田PJ第二弾

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます