menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】二兎追って2頭を得れる【今倉理論】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回ご紹介している今倉コーチのシュート理論は飛距離が伸び、

シュート成功率がアップするだけではありません。

昨日も申し上げた通り、ワンハンドシュートを手に入れられるため

ドライブからのシュートへの移行も、とてもスムーズに行えるようになります。

実際、本日届いた新たな動画は

今倉コーチのシュート理論を身に付けた

とある女子選手の練習風景です。

しかし、ただの練習風景ではありません。

1本目のシュートはセンターサークル付近からの長距離砲。

そして2本目は素早いドライブからの3Pシュートです。

まさに「二兎追って2頭を得れる」

 

そんな夢のような話が、日本全国で実際起こっています。

それを可能にするのが今倉コーチの

「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム~まったく新しいシュート理論~」です。

 

実際にどれほど、スムーズにシュートへ移行できているのか?

論より証拠。

届いたばかりのこちらの動画をご覧ください↓

 

 

■新作DVDのご紹介

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】指導者とはどんな人なのか?

  2. 【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

  3. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  4. 【片岡編集長のレポート】Ball screenへのDF(Drop…

  5. 【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

  6. 【小谷コーチの分析バスケ】チームが好むゲームのテンポを読み解く方…

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る