【バスケ用語】「アウトナンバー」とは? 意味・使い方・上達法

オフェンス チーム戦術 トレーニング バスケ用語 指導法

「アウトナンバー」とは?

攻撃エリア内でオフェンス側がディフェンス側より人数的に多い状態のこと。

英語では、「out number」と表記します。

バスケットの戦術として数的優位な状況を作ることです。

具体的に、

・1対0

・2対1

・3対2

・4対3

・5対4

などがあります。

 

もちろん、3対1や5対3など、2人以上の人数差の場合も含みます。

 

「アウトナンバー」の使い方は?

「速攻でアウトナンバーを作る」

「○○選手がドリブルで破るアウトナンバーができる」

 

このように、「アウトナンバー」を作ることで、かなり優位にオフェンスを展開できます。

 

「アウトナンバー」の同義語

「アウトナンバー」の同義語・類義語は

「オーバーナンバー」です。

 

「アウトナンバー」の利点

「アウトナンバー」を作ることによる利点は、たくさんありますね。

 

5対4 → 4対3 → 3対2 → 2対1 → 1対0

と、最終的にノーマークができる確率が高くなります。

 

特に、アシストが上手いポイントガードや、ドライブからのシュートが得意なプレイヤーなど、シュートまでの過程を描くのが上手いプレイヤーが「アウトナンバー」を作った場合には、ノーマークを作りやすくなります。

 

「アウトナンバー」ができることで、シュート率の高いプレイヤーをフリーにすることも可能になるのです。

 

「アウトナンバー」の注意点

オフェンス側にとって、優位な状況の「アウトナンバー」にも、注意すべき点があります。

 

ドリブルで抜いたりパスでかわしたり、またはピックプレーで「アウトナンバー」を作ったりと、状況はいくつかありますが、ディフェンス側もそのまま見ているわけではありません。

ヘルプディフェンスをしたり全員でローテーションしたり、次のプレーを止めようと対応してきます。

 

つまり、「アウトナンバー」ができた状況では、視界に入らない後ろにディフェンスがいるため、後ろからのドリブルカットやパスカットに注意する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バスケットにおける「アウトナンバー」の意味・使い方・注意点などをご紹介しました。

 

試合でいかに上手く「アウトナンバー」を作りリング下のノーマークを作れるかが、簡単に得点できるカギになります。

1回でも多く「アウトナンバー」を作り優位なオフェンスを展開できたら、もっとバスケットが楽しくなります。

 

ぜひ、練習や指導の参考にしてみてください。

 

 

 

超おすすめ今だけ!友だち登録するだけで半額に