【バスケ】マンガ『ナイスシュート!』1巻から学ぶ「チームプレーの大切さ」

チーム作り 育成法

今回は、バスケ漫画「ナイスシュート!」からチームプレーの大切さ・面白さをお話ししたいと思います。

 

あなたは、「ナイスシュート!」という青春バスケマンガをご存じですか?

読んでみたら面白くて学べるところもあったので、1巻からご紹介したいと思います。

 

内容

小さいころからバスケが大好きな女の子「結花」が憧れの条南中学校へ進学しましたが、キャプテンのワンマンに嫌気が差してバスケ部を辞め、転校までしてしまいます。

 

転入先の北野学園中学の女子バスケ部は、地区予選1回戦敗退の弱小チーム。

バスケにやる気をなくしていた結花は、バスケ部に誘われるも一度断ります。

 

しかし、コーチの言葉が結花の心を揺らします。

バスケットはチームプレーのスポーツだ。いくら力があってもメンバーの心と心がつながっていなければ何にもならない

 

言われた言葉に悔しい思いを抱きながら、条南中での出来事を思い出します。

そしてやっぱりバスケが大好きだと認識し、入部を決意します。

 

そこから他校のライバルたちと切磋琢磨し、チームの全国優勝を目指しながら成長していきます。

 

ありえないプレー

実際ではありえないプレー続出なところが、マンガならでは楽しみの一つですよね。

この作品もアリウープをしたりリングを触るほどのジャンプ力を見せたりと、驚異的な能力を見せつけます。

それが、作中の試合を盛り上げて素敵な色を付けている1つでもあります。

 

まずは、古巣の条南中から申し込まれた練習試合を受けて立ち、学校中の生徒が見物に寄ってきます。

条南キャプテンとマッチアップし、互いに女子中学生ではありえないスーパージャンプが飛び出すも、チームのレベルが違いすぎて1ゴールも取れずに負けてしまいます。

 

お遊びとバカにして帰っていく条南中メンバーに悔しくてたまりません。

 

人を認め許す心

地区大会で条南中に勝つことを目指し、結花は強化練習をしようと提案します。

初めてのキツイ練習に音を上げるチームメイトですが、「黙って自分の言うとおりにすればいい」と強い言葉をぶつける結花。

コーチに「嫌いだった条南のキャプテンと同じことをしている」とズバリ指摘されます。

 

明日みんなに謝ろうと体育館へ戻ると、メンバーはボールを磨きながら結花の帰りを待っているのです。

そしてチームメイトたちの一言。

「あれくらいで音を上げてごめんね。一緒に練習しようと待ってたの」

 

誰だって負けたくない相手にバカにされたくないですが、ワンマンで自分勝手な発言をしてしまった結花に対し、責めずに認め人を許す前向きで素直な心によって結花は改心します。

 

最後の1秒まで諦めない

チームの心が一つになった北野学園中学は、そこから劇的な成長を見せます。

地区大会まで4日と迫る日から、早朝マル秘特訓を始めます。

 

「0.1秒の差、0.1cmの差が命取りになるぞ」

 

そう言われ、キツイ特訓をやり切って地区大会1回戦。

やってきた練習を信じ最後の1秒までやり切ります。

 

そして見事に初勝利を収めます。

チーム一丸となり、声をかけあい励まし合って、掴んだ初勝利でした。

 

まとめ

いかがでしたか?

1巻の前半から簡単な内容と学ぶべき精神をご紹介しました。

 

他にも読んでいて参考になる部分がたくさんありました。

また、続きをご紹介していこうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加