menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【アナライズ】片岡編集長のレポート①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆様、はじめまして。

今号よりメールマガジンを担当いたします片岡秀一と申します。

現在、コーチ・選手向けのWEB媒体である「ゴールドスタンダード・ラボ」にて共同編集長を務めております。

上記媒体の目的は、バスケットボールに関する有益な情報を発信を通じて

プレイヤー・コーチ・観戦者の充実した競技活動に貢献する事です。

バスケットボールの教材や、競技生活に役に立つ商材を扱うReal Style様の活動や理念に賛同し、

本メールマガジンを担当させて頂く事になりました。

ここ数年、幸いなことに、バスケットボールのプロコーチ、アナリスト、米国大学留学者、欧州(スペイン、ドイツ)への留学者、ジャーナリスト、プロ選手、書籍編集者など、様々な方々と交流する機会に恵まれました。

その中でも、Euro Basketball Academy Coaching Clinicで運営事務局を務め、男子ジュニア代表チームのHCを務める、トーステン・ロイブル氏のクリニックの運営、レポート記事の製作、実際の試合を観戦を通じたサイクルを送った日々は、私のバスケット観の礎になっています。

上記は一例ですが、様々な方々の考えや取り組みに触れ、数多くの試合を観戦する中で、自分なりに考え、検証、分析を実施。

ゴールドスタンダード・ラボでのレポート記事製作に向け言語化をする中で、多くの知見を得る事が出来たと思っています。

本メールマガジンでは、その活動の中で得た知見の中で、読者の皆様にとって有益であると思ったトピックスをお届けしたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。

次回のトピックスでは、FIBAアジア選手権を戦ったU-16男子代表チームHCの戦いぶりから、「ペイントエリアでの得点」に絞ってご紹介したいと思います。

U-16世代とは言え、各国代表チームには2mを越える大型選手が多数在籍(フィリピン代表やインド代表には210㎝近いセンターも試合に出場していました)。

最高身長で190㎝前半の日本代表チームですが、安易なアウトサイドシュートに逃げるのではなく、オンボールスクリーンを駆使してインサイドへと攻め込むと、ゴール下で待ち構えるHelpディフェンスを翻弄、dish pass(決定的なアシストパス)を連発し、得点を重ねました。

その背景にある共通理解や、合わせの考え方に迫りたいと思います。

 

<執筆者のバスケットボール活動の特徴>

①バスケットボール観戦対象が、少し偏っています。

・U-16、U-18、U-19などのジュニア男子代表チームの試合
(アジア選手権、FIBA U-19ワールドカップ、
アルバート・シュバイツァー・トーナメントなどは全試合観戦済み)

・男子日本代表チームの試合
(アジア低迷期を含め、長谷川健志HC体制、
ルカ・パヴィチェヴィッチ テクニカルアドバイザー、
フリオ・ラマスHCの現在まで、代表チームの試合観戦歴は多数)

・B.LEAGUEの試合について(J SPORTSにて試合プレビューを担当しています)

・FIBAの国際大会、特にFIBA EUROPE周辺の国際大会について

・欧州リーグ各種
※NBAや、NCAAもチェックをしていますが、
そこまで強くありません。ご了承ください。

<執筆者のプロフィール>

片岡秀一

1982年埼玉県草加市生まれ。
株式会社アップセット(UPSET)勤務の傍ら、
ゴールドスタンダード・ラボの共同編集長を務める。
クリニックのレポート記事、プロ選手/コーチのインタビュー、
戦術解説の記事などを担当。運営事務局を務める
Euro Basketball Academy Coaching Clinicに関する
レポート記事なども多数公開中。

一般社団法人Next Big Pivotの活動の中で、
セルビア共和国、フィリピンのバスケットボールの
文化・強さについての諸講演などを実施したこともある。

◇主な競技歴

インターハイ出場(PG)
関東クラブ選抜選手権出場
埼玉県クラブ選手権 準優勝
埼玉県国民体育大会優勝

◇コーチ歴

宮城クラブ(埼玉県社会人連盟所属)

関東選抜クラブ選手権 準優勝
埼玉県国民体育大会優勝
埼玉県クラブ選手権3位
埼玉県一般選手権 準優勝
BONESCUP優勝

◇主な執筆記事
U-19男子日本代表HCトーステン・ロイブル氏のタイムアウト・選手交代戦略
[書評]『マイケル・ジョーダン ~父さん。僕の人生をどう思う?~』――読者の闘争本能を焚き付ける刺激に満ちた一冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォ…

  3. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  4. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  5. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  6. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使し…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る