センタープレイヤーに必須のステップ

オフェンス シュート スキルアップ 倉田伸司 動画 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

From バスケットボール上達塾

あなたは、チャールズ・バークレーという選手をご存知ですか?

チャールズ・バークレーはアメリカ合衆国アラバマ州リーズ出身の元NBA選手です。

16シーズンプレーして、1992年バルセロナオリンピックと1996年アトランタオリンピックの金メダリストを獲得。

2006年にバスケットボール殿堂入りも果たしました。

彼のプレースタイルは、
重量級ながらも極めて高い運動能力を有しており、
コート上を端から端まで高速で駆け抜けるスピード、
リングの遥か上まで手が届く豊かな跳躍力を発揮しました。

そんな彼の武器が
当時のインサイドプレーヤーでは考えられなかった
「ステップワーク」です。

インサイドプレイヤーは古くからターンシュートやリバウンドを取ってからのゴール下のシュートなど、攻め手が少ないイメージでしたが

ステップワークを身に付ければさらにバリエーションが増え、オフェンスがより優位になると考えます。

そこで、合宿動画の最後となる今回は「インサイドプレイヤーのステップ」について公開させていただきます。

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加