menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  4. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
  5. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「dish…
  6. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  7. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合わせ方…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!
  10. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。

チームでは、男子、女子の監督を務めています。
そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。
当時、重田先生の理論を聞いたとき
今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました…

 

なぜなら、選手たちの身長に関係なく
インサイドプレーからオフェンスを展開することで
オフェンス力が、今よりもアップすると仰るからです。

 

しかも、その方法で48年も指導をしてきており、
全国大会にも23回も出場しています

しかし、衝撃を受けたと同時に、疑問を抱きました。

 

私はバスケットボールをプレーしてきて
もう25年ほど経ちます。

なぜなら、インサイドプレーというのは
条件が揃っていないとポジションとして成り立たないからです。

 

それ自体を、そのポジションを経験してきた
自分自身がよくわかっていると考えていたからです。

 

一般的にインサイドの選手といえば
高身長の選手の役割とされているわけです。

 

しかし、重田監督はその考えに大きな落とし穴があると同時に
低身長しかいないチームでも、勝てる術があると仰います。

 

 

 

答えはコチラ↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/293/2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  2. 【指導者】「怒られている子供を見たくないのですが…」と質問を頂戴…

  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?

  4. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  5. 【必見】アウトサイドプレイヤーのポジションについて

  6. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 前回までのメルマガでは、U16代表チームや、B.LEAGUEのプレーより、ドライブからの状況判断につ…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャンスを作るオフェンス戦術
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよう その4
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
ページ上部へ戻る