menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
  4. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくださいと…
  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  6. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  7. 【選手必見】目標達成の重要性
  8. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  9. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  10. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。

チームでは、男子、女子の監督を務めています。
そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。
当時、重田先生の理論を聞いたとき
今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました…

 

なぜなら、選手たちの身長に関係なく
インサイドプレーからオフェンスを展開することで
オフェンス力が、今よりもアップすると仰るからです。

 

しかも、その方法で48年も指導をしてきており、
全国大会にも23回も出場しています

しかし、衝撃を受けたと同時に、疑問を抱きました。

 

私はバスケットボールをプレーしてきて
もう25年ほど経ちます。

なぜなら、インサイドプレーというのは
条件が揃っていないとポジションとして成り立たないからです。

 

それ自体を、そのポジションを経験してきた
自分自身がよくわかっていると考えていたからです。

 

一般的にインサイドの選手といえば
高身長の選手の役割とされているわけです。

 

しかし、重田監督はその考えに大きな落とし穴があると同時に
低身長しかいないチームでも、勝てる術があると仰います。

 

 

 

答えはコチラ↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/293/2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  2. 【バスケ】接戦を勝ちきれない方は必見です。

  3. 【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法

  4. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?

  5. 【オフェンス戦術】弱者でも得点を取るためのモーションオフェンスと…

  6. 【バスケ】何度も連続してオフェンスを行うフォーメーション【フレッ…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をして…
  2. インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。…
  3. 一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大き…

おすすめ記事

  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
ページ上部へ戻る