menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL…
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  3. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  5. 【ディフェンス】現代バスケット界で適応するために必要な、トランジション…
  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  7. 【片岡編集長のレポート⑯】強制的にハリーバックをする習慣づくりを紹介し…
  8. 【LINE限定】Bリーグ開幕特別記念!特別SALEが開催します【10月…
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】プロコーチと部活動顧問は…
  10. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。

チームでは、男子、女子の監督を務めています。
そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。
当時、重田先生の理論を聞いたとき
今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました…

 

なぜなら、選手たちの身長に関係なく
インサイドプレーからオフェンスを展開することで
オフェンス力が、今よりもアップすると仰るからです。

 

しかも、その方法で48年も指導をしてきており、
全国大会にも23回も出場しています

しかし、衝撃を受けたと同時に、疑問を抱きました。

 

私はバスケットボールをプレーしてきて
もう25年ほど経ちます。

なぜなら、インサイドプレーというのは
条件が揃っていないとポジションとして成り立たないからです。

 

それ自体を、そのポジションを経験してきた
自分自身がよくわかっていると考えていたからです。

 

一般的にインサイドの選手といえば
高身長の選手の役割とされているわけです。

 

しかし、重田監督はその考えに大きな落とし穴があると同時に
低身長しかいないチームでも、勝てる術があると仰います。

 

 

 

答えはコチラ↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/293/2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる…

  2. 【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  3. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)というこ…

  4. 【バスケ】兄弟がバスケットをやられてる保護者の方から質問をいただ…

  5. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『…

  6. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その2

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 夏場のシーズンが終わり、秋以降の大会を控える時期に差し掛かりました。コーチの皆様は、夏場の大…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 速攻などの速い展開を行うためには、速攻の展開方法を理解することが大前提として重要となります。…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL』を強化するドリル
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.4
  3. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
ページ上部へ戻る