menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要…
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
  4. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点を取る…
  5. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  6. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動する力を…
  7. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  10. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インサイドプレイヤーの
得点は2種類あると考えます。

一つ目はセンタープレーを用いて
自ら得点を奪う選手です。

こういった選手は
インサイドを制圧するほど
パワフルなので、

ディフェンスしている場合は
厄介な選手です。

しかし、上記よりも
もっと厄介な選手がいます。

それがアウトサイドのドライブに
「合わせてくる選手」です。

こういった選手をマークしても
ゴリゴリと得点を奪いにくる
タイプではないため

つい、ヘルプディフェンスに
いってしまいがちですが、

パスを受けて簡単に得点を
許してしまいます。

こういった選手はディフェンスをしていて
本当に厄介な選手です。

ボールを持って攻めてこないので
余計にディフェンスしずらいですね。

ただ、自チームにいた場合は
上手くオフェンスの流れを作りだせる選手
だと考えています。

しかし、この合わせる技術は
少し難しい技術でもあります。

なぜなら、動き出す
「タイミング」が合わなければ
厄介な選手にもなれず、流れも作りだせないからです。

では、どのようにして
合わせればいいのか?

名古屋経済大学のバスケットボール監督である
重田先生はこのように指導されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!

  2. 【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

  3. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点…

  4. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?

  5. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!

  6. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 日本代表男子チームが、ワールドカップ予選で2次ラウンドへの進出を決めた事は、日本中の多くのバスケット…
  2. 5月12日、私は新幹線景気で賑わう金沢にいた。私学であるこの高校の今年度の新入部員は、当初の…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要性とは?
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
ページ上部へ戻る