menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インサイドプレイヤーの
得点は2種類あると考えます。

一つ目はセンタープレーを用いて
自ら得点を奪う選手です。

こういった選手は
インサイドを制圧するほど
パワフルなので、

ディフェンスしている場合は
厄介な選手です。

しかし、上記よりも
もっと厄介な選手がいます。

それがアウトサイドのドライブに
「合わせてくる選手」です。

こういった選手をマークしても
ゴリゴリと得点を奪いにくる
タイプではないため

つい、ヘルプディフェンスに
いってしまいがちですが、

パスを受けて簡単に得点を
許してしまいます。

こういった選手はディフェンスをしていて
本当に厄介な選手です。

ボールを持って攻めてこないので
余計にディフェンスしずらいですね。

ただ、自チームにいた場合は
上手くオフェンスの流れを作りだせる選手
だと考えています。

しかし、この合わせる技術は
少し難しい技術でもあります。

なぜなら、動き出す
「タイミング」が合わなければ
厄介な選手にもなれず、流れも作りだせないからです。

では、どのようにして
合わせればいいのか?

名古屋経済大学のバスケットボール監督である
重田先生はこのように指導されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【シュート】ゴールがなくてもシュートが上手くなる方法?【バスケ】…

  2. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)というこ…

  3. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは……

  4. 【重要】ご登録ありがとうございます。

  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  6. 【オフェンス戦術】ピックアンドロールを巧く行えない理由

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る