【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる方法】

シュート スキルアップ チーム戦術 パス 動画 育成法


インサイドプレイヤーの
得点は2種類あると考えます。

一つ目はセンタープレーを用いて
自ら得点を奪う選手です。

こういった選手は
インサイドを制圧するほど
パワフルなので、

ディフェンスしている場合は
厄介な選手です。

しかし、上記よりも
もっと厄介な選手がいます。

それがアウトサイドのドライブに
「合わせてくる選手」です。

こういった選手をマークしても
ゴリゴリと得点を奪いにくる
タイプではないため

つい、ヘルプディフェンスに
いってしまいがちですが、

パスを受けて簡単に得点を
許してしまいます。

こういった選手はディフェンスをしていて
本当に厄介な選手です。

ボールを持って攻めてこないので
余計にディフェンスしずらいですね。

ただ、自チームにいた場合は
上手くオフェンスの流れを作りだせる選手
だと考えています。

しかし、この合わせる技術は
少し難しい技術でもあります。

なぜなら、動き出す
「タイミング」が合わなければ
厄介な選手にもなれず、流れも作りだせないからです。

では、どのようにして
合わせればいいのか?

名古屋経済大学のバスケットボール監督である
重田先生はこのように指導されています。

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます