menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インサイドプレイヤーの
得点は2種類あると考えます。

一つ目はセンタープレーを用いて
自ら得点を奪う選手です。

こういった選手は
インサイドを制圧するほど
パワフルなので、

ディフェンスしている場合は
厄介な選手です。

しかし、上記よりも
もっと厄介な選手がいます。

それがアウトサイドのドライブに
「合わせてくる選手」です。

こういった選手をマークしても
ゴリゴリと得点を奪いにくる
タイプではないため

つい、ヘルプディフェンスに
いってしまいがちですが、

パスを受けて簡単に得点を
許してしまいます。

こういった選手はディフェンスをしていて
本当に厄介な選手です。

ボールを持って攻めてこないので
余計にディフェンスしずらいですね。

ただ、自チームにいた場合は
上手くオフェンスの流れを作りだせる選手
だと考えています。

しかし、この合わせる技術は
少し難しい技術でもあります。

なぜなら、動き出す
「タイミング」が合わなければ
厄介な選手にもなれず、流れも作りだせないからです。

では、どのようにして
合わせればいいのか?

名古屋経済大学のバスケットボール監督である
重田先生はこのように指導されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【得点の取り方】インサイドのダブルチーム対策【攻め方】

  2. 【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  3. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic3

  4. 【小谷コーチの分析バスケ】各クォーターの得点から選手起用方法を読…

  5. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します

  6. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る