menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  2. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
  3. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?…
  4. 【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法
  5. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】…
  6. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】
  7. 【重田理論】ローポストでの面取りについて
  8. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?
  9. 試合で結果が出ないオフェンスとは?
  10. 【新作】アウトサイドの2vs2で得点を奪う方法【上達動画】
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インサイドプレイヤーの
得点は2種類あると考えます。

一つ目はセンタープレーを用いて
自ら得点を奪う選手です。

こういった選手は
インサイドを制圧するほど
パワフルなので、

ディフェンスしている場合は
厄介な選手です。

しかし、上記よりも
もっと厄介な選手がいます。

それがアウトサイドのドライブに
「合わせてくる選手」です。

こういった選手をマークしても
ゴリゴリと得点を奪いにくる
タイプではないため

つい、ヘルプディフェンスに
いってしまいがちですが、

パスを受けて簡単に得点を
許してしまいます。

こういった選手はディフェンスをしていて
本当に厄介な選手です。

ボールを持って攻めてこないので
余計にディフェンスしずらいですね。

ただ、自チームにいた場合は
上手くオフェンスの流れを作りだせる選手
だと考えています。

しかし、この合わせる技術は
少し難しい技術でもあります。

なぜなら、動き出す
「タイミング」が合わなければ
厄介な選手にもなれず、流れも作りだせないからです。

では、どのようにして
合わせればいいのか?

名古屋経済大学のバスケットボール監督である
重田先生はこのように指導されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【攻略】ゾーンディフェンスをカンタンに攻める方法

  2. 【オフェンス戦術】弱者でも得点を取るためのモーションオフェンスと…

  3. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

  4. 【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  5. 【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  6. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. ウインターカップ予選に破れてしまったチームは、新チームが本格的に始動していると思いますが、…
  2. あなたはどのように、普段の練習メニューを組まれていますか?実は、練習メニューの組み方に一手間…
  3. 先週、久しぶりに公式戦がありました。しかし、結果は惜負でした。内…

おすすめ記事

  1. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  2. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
  3. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?
ページ上部へ戻る