ギャロップステップ

移動用


From バスケットボール事務局

 

あなたは「アレン・アイバーソン」 という

元NBA選手をご存じですか?

 

詳しく知らない方のために少しだけ彼の

経歴をご紹介すると…

————————————–

・シーズンMVP:2001
・得点王:1999, 2001, 2002, 2005
・年間最多得点:2005
・スティール王:2001, 2002, 2003
・オールNBA
  1stチーム:1999, 2001, 2005
  2ndチーム:2000, 2002, 2003
  3rdチーム:2006
・オールスター戦出場:2000 〜 2009
・オールスターMVP:2001, 2005
・新人王:1997
・オールルーキー1stチーム:1997
・オールスタールーキーチャレンジMVP:1998
※得点、スティール、アシストの3部門で年間5位以内に入った史上3人目の選手
※通算の1試合平均得点NBA歴代3位(27.8得点)
※プレイオフ通算の1試合平均得点NBA歴代2位(30.0得点)(1位はマイケル・ジョーダン)
——————————————————-

経歴を見ただけでもとんでもない選手ということを

ご理解していただけると思いますが、

 

彼のすごいところは

「得点王としてはNBA史上最も低い身長の選手である」

ということです。

 

183cmと公表していますが、実際それよりも

小さいと、NBA解説者が口をそろえていいます。

 

そんな彼のプレーの代名詞といえば

「クロスオーバー」と「スピード」です。

 

相手を揺さぶり、素早いスピードで

高い選手を物ともせずに一気に得点を決めてきます。

 

ご存じの方なら、彼のドライブに何度も魅了された方も

多いのではないでしょうか。

 

そんな彼のプレーで注目された一つが

「ギャロップステップ」です。

 

一歩目でトーンっとジャンプし

両足着地で、次のプレーを行います。

 

よく「トラベリングだ!」と勘違いされやすい

ステップですが、トラベリングではありません。

 

一歩目から両足ではなく、片方ずつの足が

着地していった場合は、吹かれますが、

正しく行えばそうではありません。

 

この「ギャロップステップ」は

身に付ければ、オフェンスにおいて

大きな武器になります。

 

例えば、前回ご紹介したミートと組み合わせれば

45度からの1対1に自信を持つことになるでしょう。

 

その方法について、倉田先生は

合宿で説明をされていました。

 

その時の模様はコチラから↓

 

 

 

倉田PJ

 

倉田PJ第二弾

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます