ディフェンス編DVDの内容

移動用

title_dvd

 

dvd_set・足の負担を軽減させて、40分間、フルで相手を抑えられる

「身体全体を使って行う、ディフェンスフットワーク」

・相手に予備動作を読まれずカットする

「ボールスナップ」

・どんな大きい選手でもアウトサイドにどんどん外に押し出せる

「ポストマンプッシュ」

など、金田流ディフェンス技術は、今まで苦労していたオフェンスに対して

かんたんに得点を取らせないためのディフェンス技術を身につけられ

 

その結果、オフェンスへのトランジションの回数を増やせ

多くのシュートチャンスを手に入れることができます。

 

9-1

しかし、なぜ、このような動きができるのか?

 

その理由が、金田流のディフェンステクニックは、

「古武術の動き」がベースに行われているからです。

 

古武術と聞くと、得体の知れない、何やら難しそうなイメージがありますが、

決してそんなことはありません。

 

「古武術の動き」は、体への負担が少ない、合理的な動きをしているだけなのです。

一般的なスナップ動作は、腕の伸縮運動を使い、

上から下に大きく振りかぶり、ボールをスナップします。

 

バスケットをあまり知られない方でも

目の前にあるボールをカットしてくださいと言われると

必ず上から下に腕を大きく振りかぶりボールをとろうとします。

 

しかし、この動きは予備動作が大きいため、相手に動作を読まれやすく、

空振りやバランスを崩すことで、オフェンスにチャンスを与えてしまいます。

 

一方で、ご紹介した「金田流 ボールスナップ」は、

手を前に出すと同時にヒザの力を抜き、下に落ちる力を利用するため、

スナップ時に振りかぶるなどの予備動作がありません。

 

もし、スナップできない場合でも、腕は振りかぶっていませんので、

バランスを崩すことなく、同じ体勢のまま、ディフェンスを行うことが可能になります。

 

その結果、ボールを取れなかった場合、相手に抜かれることの多かった、

「リスクの多いボールスナップ」でボールが取れない場合も、

相手が抜きにくい間合いを保ちながら

ディフェンスを行えるので、かんたんにアウトナンバーを作られなくなります。

 

このような動きは、シンプルな練習で、誰でもカンタンに身につけることができます。

 

もちろん、ミニバス、中学生、高校生など

年齢や性別に関係なく身につけることができます。

 

選手の能力、体の大きさ、筋力など、一切関係ありません。

 

あなたが今、チームのディフェンス力に悩んでいるのなら、

この「金田流 ディフェンステクニック」は是非、身につけて頂きたい、「守り方」です。

 

このテクニックは、背が小さく、筋力の弱い、ディフェンス苦手意識を持っている選手たちが、

今までかんたんに得点を許していた体の大きい、パワーのある選手たちを、守るためのディフェンステクニックです。

 

動画でご紹介したのは、ベースとなる

金田流フットワークを活かした、「気配を消して接近する」という動きですが、

他にも、リバウンド、コースチェック、ファイトオーバーなど、

ディフェンスの基本である、様々なディフェンス動作をご紹介しています。

 

もちろん、DVDでご紹介している、

すべてのディフェンステクニックはシンプルな練習で、

誰でもカンタンに身に付けられます。

 

あなたも、この方法でチームのディフェンス力を向上させれば、

相手を守りきれるのは当然のこと、チームの得点力をアップできます。

 

普段のオフェンス練習の成果を、

試合で発揮するチャンスがグンと増えることは間違いありません。

 

そして今回、あなたが、このディフェンステクニックを選手たちに指導できるよう、

大事なポイント、指導するときの注意点などをまとめたDVDをご用意しました。

 

では、DVDには、いったいどんな内容が収録されているのか?

DVDに収録されている内容の一部をご紹介すると…

 

title_n8DISC1Disc1(41分)

ディフェンスの足の負担を1/2に減らせるフットワークとは…?

・目の前のオフェンスに作られたスペースを一瞬で詰めるテクニックとは…?

・なぜ、ディフェンスのフットワークでは、足を揃えてはいけないのか…?

・忍者のように気配を消して相手に接近し、ボールを奪い取る方法とは…?

                       ・オフェンスのドライブ、パス、シュート…、

                        すべてを封じ込めるテクニックとは…?

 

 

DISC2Disc2(43分)

スティールの成功率をアップさせたいですか…?

・相手にわざとパスをさせて、ボールを奪い取るテクニックとは…?

・なぜ、体の小さい選手でも、コース開けずにチェックができるのか…?

・ジャンプした最高到達点でリバウンドを取る秘訣とは…?

・スクリーンアウトの正しい外し方とは…?

 

※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

 

dvd1【DVD2枚+特典DVD2枚(練習法DVD+質疑応答DVD)+メールサポート】

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます