menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは!
坂口慎です。

今回も前回、前々回に引き続き、応用例
==================
応用例「ディフェンス編」
==================
についてお話させていただきます。

みなさんは「ディフェンス」を、どのように上達させてこられましたか?
・DFフットワーク
・実践でひたすら練習
が基本かなと思います。

それでも確かに足腰が強くなって、相手の動きを読む力などがついてくると思います。
しかし、当然ですが相手がうまくなればなるほど
・様々なスキル
・体格
・戦術
などが高まり、DFするのは難しくなります。

さらに、バスケットボールはルール的には「オフェンス有利」ですよね。
ディフェンスは手を相手に接触させては、いけないことが多いですし、オフェンスファールを取ろうと思ったら、ちゃんと正面に入らないといけません。
ゴールが小さいがゆえにFG%は50%前後ですが、ルール的にはディフェンスは不利な場面が多いと僕は思っています。
しかし、そんなオフェンス有利な攻防でも、僕は武学を応用することでディフェンス有利な状態を創ることができると思っています。

■どのようにするか?

ディフェンスの時に結構使われる言葉が「相手の動きを予測する」ということですが、武学のディフェンスでは「相手に攻めさせる」ことをします。
「相手の動きを予測する」ということは主導権は相手にあり、時にはその予測が外れることもあるでしょう。

一方、「相手に攻めさせる」というのは相手と自分の間合い、位置関係、接触の仕方などをうまくコントロールして相手が攻めたくなるように仕向けて「攻めさせます」
それも自分がやらせたいように。
そうすれば主導権は自分になるので、相手をよりコントロールしやすくなりますし、自分がやらせたいことをさせることができれば簡単に守ることができます。

また「攻撃する」というのは一度自分の中でエネルギーを高めてから「攻撃行動」を起こします。
それを何度もやらされると、どんどんエネルギーを使っていくので、最終的にはエネルギーが足りなくなって相手は力尽きます。
なので、武術の攻防では迂闊に攻撃できません。
攻撃すればするほど自分の体力が削られ、相手にやられてしまう可能性が高くなるからです。
僕はこの考え方でディフェンスを組み立てて、いつも1on1をしています。
そういうディフェンスをしているとオフェンスの頭の中には「?」が浮かんできます。
そんな激しいディフェンスではないけれど気持ちよく抜くことができないな…と。

そして、相手は考え始めます。
「なんでだ?」と。
人間は迷って思考し始めると、それが身体に現れて、固まり始めます。

そうなればこちらの思う壺です。
最終的には攻撃にエネルギーを使いすぎて、どんどん隙が出てきます。
あとはその隙をこちらが攻めればいいだけです。

そのためには自分にとって一番良いディフェンスの
・姿勢
・スタンス
・ステップ
・身体の使い方
が必要になってきますが、それも武学であれば簡単に観つけることができます。

その術が広まればディフェンスのレベルが上がり、今度はオフェンスがさらにレベルが上がり…とどんどん進化していくことと思います。

その術も今後あなたにお伝えできるよう、しっかり体系化していきたいと思います。
では今日も読んでいただきありがとうございました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/mm/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/mm/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  2. 【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

  3. 保護中: マイボトルのすゝめ

  4. 【片岡編集長のプレイブック1】琉球ゴールデンキングス1

  5. 【育成法】センタープレイヤーを中心としたチーム作りをこっそり教え…

  6. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る