レイアップシュート練習の『コツ』

移動用


From バスケットボール事務局

 

 試合での成果は、練習の量はもちろんですが
【質】が関係しているということは、言うまでもありませんよね。

 

特に、その成果が結果を大きく左右する得点に
関係のある練習法ならば、なおさらです。

 

その中でも、レイアップシュートをフリーで
外すシーンは、指導者は頭を抱えてしまいますし
選手たちも自信をなくしてしまいますよね。

 

そこで、本日はレイアップシュートを
指導する際の「コツ」をご紹介します。

 

その練習法がコチラのドリルです。

 

 

 

右手が利き手なら、左手が苦手という選手は

多くいますよね。

 

選手たちだけでなく、上手く扱える手でボールを触れようと

してしまうのは、仕方のないことですよね。

 

では、非利き手も利き手と同じように扱えれば、どうなるのか?

 

指導者として、そんな選手を育成することが理想ですよね。

 

今回の練習法に限らず、左右のパターンがあるなら

苦手な側をあえて選択することで、選手たちも苦手が習慣となり

シュートもドリブルも苦にならなくなります。

 

何事も、まずはチャレンジです。

ぜひ、明日の練習からお試しください。

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます