下半身の使い方

移動用


From バスケットボール事務局

 

先日のミニバスの試合を見ていると
中学生になる選手たちの
シュートフォームが目につきました。

 

とても、窮屈そうにシュートを打ってるだけなら
まだしも、明らかに連動されてもいなかったのです。


試合が終わってから、理由を聞くと

「ボールの大きさが変わるため
 重いボールにも対応できるように
 フォームを変えている」とのことでした。


「なるほど~」と選手らなりに

考え、行動していたことに感動しました。

 

しかし、せっかくの行動力が
間違えた方向にいかないために
選手たちにある練習をさせました。

 

その練習法がコチラのドリルです。

 

 

ミニから中学、中学から高校という

年代が変わるタイミングでボールも変わり

対応できない選手をたまにみかけます。

 

しかし、どのタイミングでもシュートは常に

下半身からのパワーをボールに伝えることが重要です。

 

またもう1つ大事なのは、上記のことは

意識し続けなければ、少し意識しただけで試合ですぐに

行えません。

 

常に練習から意識し続けることで

試合でも同じパフォーマンスで

その能力を発揮することができます。

 

ぜひ、明日の練習からお試しください。

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます