menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

タグ:パス

▽ジャンプは踏むこと(2)ジャンプの苦手な人の特徴というのがあります。しかしたとえそれを知っていなくても、崩れた動作を見てそのありのままのおかしな部分を作り替えることは誰にでもできます。前回たとえとして腕の振りの話をし、動画も見…

前回に引き続き、もう少しだけトルコ代表チームのオフェンスをベースとして考えていきたいと思います。今回は、上記テーマを踏まえ、導入編として男子日本代表チームのオフェンスを取り上げます。下記のコンセプトをベースとする事で、次週で…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して行きまし…

前回の記事では、Dropで守る守備戦術に対し、Offence側がPop outを選択した際の攻防を紹介しました。他の守備戦術でも同様ですが、タイミングやエリアに応じた役割分担、残り3選手の瞬時の判断が非常に重要になります。コ…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して行きまし…

ワールドカップが開幕しました。日本対トルコ戦では、トルコ代表チームの堅牢なDFに感動しました。(本原稿執筆時点ではチェコ戦、アメリカ戦はまだ)残りの試合での日本代表チームの戦いや、そこからの発見や学んでいきたいと思います。)…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して…

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る