menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.53
  5. 【バスケ】これを使えば1対1が格段にやりやすくなる!「ミート」とは
  6. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  7. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  8. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  10. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

タグ:ナチュラルパーフェクトシューティングシステム

バスケットボールにおいて、シュートは花形ともいえるでしょう。試合中に訪れる、ここぞの場面で決めるシュートは、本当にカッコいいですよね。そのジャンプシュートを決めるために必要なのが、「精度」です。試…

今、バスケットボール界では、今倉コーチが提唱する「FOREST理論」がちょっとした「ブーム」になっています。これまでと180度違うシュート理論を実践された方々から「飛距離」と「精度」が格段に上がった!と多くの方から喜びの声をいただき…

あなたはシュート指導の際、選手たちへボールを手のひらのどこに置くか?と指導されますか?僕はそんな指導、受けたことはありませんでしたし、強いて言うならばチェストパスを学んだ影響から親指側で持っているような気がしました。しかし、…

あなたは選手たちに指導する時、ゴールに対して正対しろ!と指導したことはありませんか?実は、正対することである筋肉が使えずに、腕の力だけでボールをコントロールしなければいけなくなってしまいます。ゴールに対して正対しない方が、あ…

「外れるシュートの大半は 「横ズレ」が原因だ」と今倉コーチは仰います。その横ズレは様々な原因を引き起こすと仰います。その中でもボールの持ち方は、重要なチェックポイントの1つです。あなた、もしくは、あなたの選手はボール…

本日、お客様からお電話をいただきました。ご質問内容は選手たちのシュートがどうしても、「ズレてしまう」。この外れ方って実は、あまり良い外れ方とは言えないんです。なぜなら、ほとんどのシュートは、「縦」…

最近、シュートのタッチがとても良いんです。・下半身(脚)が使えてないな…・アクションがオーバーにできていないな…・もう少し連動を滑らかにしたいな…と、少しずつエラーも感じ取れるようにもなってきました。…

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. ※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。&n…
  2. バスケットボールにおいて、レイアップシュートというのは決して無視できないシュートです。速攻で…
  3. 前回、ミートの種類と練習方法についてご紹介しました。1対1の成功率やチー…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
ページ上部へ戻る