menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  2. 坂口慎の【武学籠球】学校と部活のバランス
  3. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
  4. 【バスケ】簡単なのに効果抜群!身体能力を鍛える体幹トレーニング
  5. 【バスケ】センターだけじゃない!ハイポストからのシュートをマスターしよ…
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.50
  7. 【バスケ】家でできる肩回りのトレーニング2 三角筋
  8. 【バスケ】家でできる肩回りのトレーニング1
  9. 【バスケ】これをやればトレーニングの効果が上がります~トレーニングの基…
  10. 【バスケ】初心者のレイアップ練習法は?
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

タグ:スキルアップ

みなさん、こんにちは。慎です。前回は「目的において大切なこと」ということで、それは「追求していくものとなっているか?」だとお話させていただきました。…

※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。石川県の高校チームにて、ドライブスピードを上げる練習をしました。様々なチームにてこの練習をしていると、見事に共通した特徴があ…

※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前の出来事を執筆した記事となります。承前、練習時間の実質的に有効な時間についての続きである。私はこれまで20年のコーチ経験で、とくにここ数年にお…

※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前の出来事を執筆した記事となります。私はコーチの立場として、あまり長い練習は好まない。20年近くの経験を経て、時間の一定量から先は練習を続けても成果が期…

以前「ある進学校の自立への歩み」と題して、8回にわたり関東の高校チームの活動を記した。今回はその続編として、代替わりした新チームの様子をお届けしたいと思う。2019年6月20日、私はそのチームを訪問していた。先のインターハイ県予選で…

「どう指導すれば相手を綺麗に抜いて数的有利な状況を作れるだろう?」指導者としては、1対1に強い選手を育てることは、チームの勝利をグッと近づけるために必要な指導法です。そのために1対1の基本姿勢「トリプルスレット」をご紹介しま…

物事を成熟させていくためには、自分で道をつくる力、塞がれている扉をこじ開ける力が必要となる。それができるのは幼い頃から学ぶ訓練をしてきた者だけである。興味を持ったことについて熱中し、真剣になり、もっと良いものにしようと意欲的に取り組…

相手チームのとてもスピードのある選手をマッチアップさせた時「よし!よくついて行ってる!・・・あぁ!惜しい、あと1歩で止められたのに!」そんなシーン、試合で見かけたことはありませんか?その悩みは、クロスステップを指導す…

ゾーンプレスは、ディフェンス側から仕掛けることによりオフェンスのミスを誘い、ボールを奪ってからすぐに得点に繋げるディフェンス戦術です。私も経験がありますが、多くのチームがこの術中にハマってしまい短時間で多くの失点をしてしまい、結果負…

あなたのチームには・プレッシャーを掛けられると軸足が動いてトラベリングになってしまう…・プレッシャーから逃れるため体がのけ反ってしまう…このような選手はいませんか?実は、ボールプレッシャーには2種類のターンを…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 「基礎トレーニングをしたいけど何をしたらいいのか分からない」「体幹トレー…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。前回は「目的において大切な…
  3. あなたは、ドリブルを上手くしてあげたいけれど、ボールが手に付かなくてすぐどこかへ飛んで行って…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  2. 坂口慎の【武学籠球】学校と部活のバランス
  3. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
ページ上部へ戻る