menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.53
  5. 【バスケ】これを使えば1対1が格段にやりやすくなる!「ミート」とは
  6. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  7. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  8. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  10. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】ゴールに正対しろ!と指導すると精度が下がる理由がコレ↓【シュート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは選手たちに指導する時、ゴールに対して正対しろ!と指導したことはありませんか?

実は、正対することである筋肉が使えずに、腕の力だけでボールをコントロールしなければいけなくなってしまいます。

ゴールに対して正対しない方が、ある筋肉で飛距離を出せて、腕の筋肉はコントロールのみに集中できるため、自ずと精度が上がってきます。

本日は今倉コーチにそのメカニズムを解説していただきました。.

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  2. 【バスケ上達法】ディフェンスに「嫌だな・・」と思わせる【合わせる…

  3. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合…

  4. 保護中: 【限定記事】安易なBall screenで得点できる時…

  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「…

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート号外「県…

ピックアップ記事

  1. ※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。&n…
  2. バスケットボールにおいて、レイアップシュートというのは決して無視できないシュートです。速攻で…
  3. 前回、ミートの種類と練習方法についてご紹介しました。1対1の成功率やチー…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る