menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を…
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
  4. 坂口慎の【武学籠球】バスケ歴数ヶ月の武学の先輩がディープスリー?
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.27
  6. 【バスケ】指導者は必見のポストマンディフェンスの「基本」
  7. 【バスケ】横ズレをなくすためのシューティングライン
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「3P%」と「2P%」の…
  9. 【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法
  10. 【坂口慎の武学籠球】Harden選手の片脚ステップバックシュート
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。

チームでは、男子、女子の監督を務めています。
そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。
当時、重田先生の理論を聞いたとき
今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました…

 

なぜなら、選手たちの身長に関係なく
インサイドプレーからオフェンスを展開することで
オフェンス力が、今よりもアップすると仰るからです。

 

しかも、その方法で48年も指導をしてきており、
全国大会にも23回も出場しています

しかし、衝撃を受けたと同時に、疑問を抱きました。

 

私はバスケットボールをプレーしてきて
もう25年ほど経ちます。

なぜなら、インサイドプレーというのは
条件が揃っていないとポジションとして成り立たないからです。

 

それ自体を、そのポジションを経験してきた
自分自身がよくわかっていると考えていたからです。

 

一般的にインサイドの選手といえば
高身長の選手の役割とされているわけです。

 

しかし、重田監督はその考えに大きな落とし穴があると同時に
低身長しかいないチームでも、勝てる術があると仰います。

 

 

 

答えはコチラ↓

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック2】琉球ゴールデンキングス2

  2. 【バスケ上達動画】プレーの質を向上させるための「ジョイント」とは…

  3. 【坂口慎の武学籠球】Harden選手の片脚ステップバックシュート…

  4. 【上達練習法】ドリブルが苦手な選手が行うべき練習メニュー

  5. 【片岡編集長のレポート⑭】スプリントバックの重要性を知る

  6. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。坂口慎です。前回は僕の武学の先輩が、バスケ…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…

おすすめ記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を考えよう その3
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
ページ上部へ戻る