menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 今倉理論を観る前に心掛けたいこと
  2. 【レビュー4】ドリブルからシュートに移行しやすい事もメリットの1つ【新…
  3. 【バスケ】二兎追って2頭を得れる【今倉理論】
  4. 【レビュー3】3Pシュートを高い確率で決める為の術だといえます。【新作…
  5. 【レビュー2】シュートに対する新しい考え方だけではありません【新作教材…
  6. 【武学籠球】相手を抜くタイミングとは?
  7. 【新作教材】ワンハンドシュートの利点【レビュー1】
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】作ってきたこれまでと作ら…
  9. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「ST」が多いプレーヤー…
  10. 【バスケ】シュートレンジが最大「約3m広がり」 確率が「2倍アップ」…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【インサイドオフェンスバリエーション】重田理論とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。

チームでは、男子、女子の監督を務めています。
そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。
当時、重田先生の理論を聞いたとき
今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました…

 

なぜなら、選手たちの身長に関係なく
インサイドプレーからオフェンスを展開することで
オフェンス力が、今よりもアップすると仰るからです。

 

しかも、その方法で48年も指導をしてきており、
全国大会にも23回も出場しています

しかし、衝撃を受けたと同時に、疑問を抱きました。

 

私はバスケットボールをプレーしてきて
もう25年ほど経ちます。

なぜなら、インサイドプレーというのは
条件が揃っていないとポジションとして成り立たないからです。

 

それ自体を、そのポジションを経験してきた
自分自身がよくわかっていると考えていたからです。

 

一般的にインサイドの選手といえば
高身長の選手の役割とされているわけです。

 

しかし、重田監督はその考えに大きな落とし穴があると同時に
低身長しかいないチームでも、勝てる術があると仰います。

 

 

 

答えはコチラ↓

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  2. 【レビュー4】「ディフェンスは楽しい」と選手に認識させられる指導…

  3. 【シュート】ボースハンドシュートについて【得点力アップ】

  4. 【小谷コーチの分析バスケ】各クォーターの得点の累計からゲームの様…

  5. 【小谷コーチの分析バスケ】各種ボックススコア/スタッツの集計項目…

  6. 【武学籠球】日常すべてを稽古の場とする

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。慎です。今回は先日リアルスタイルさんからリリースされた「ナチュ…
  2. 今回は、諸外国のシュートフォーム事情について考えてみたい。確かな証拠があ…
  3. 今回ご紹介している今倉コーチのシュート理論は飛距離が伸び、シュート成功率がアップするだけでは…

おすすめ記事

  1. 今倉理論を観る前に心掛けたいこと
  2. 【レビュー4】ドリブルからシュートに移行しやすい事もメリットの1つ【新着情報】
  3. 【バスケ】二兎追って2頭を得れる【今倉理論】
ページ上部へ戻る