menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 速報!ウィンターカップの年始開催…
  5. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.39
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.38
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者のあるべき姿
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.37
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.36
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

坂口慎の【武学籠球】ワンモーションとツーモーションの安定感について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは。

今、武術の稽古のため関東に来ている慎です。

3日間缶詰状態でしたが、それはもう濃い内容ばかりで、またみなさんに還元すべき内容が増えたなと感じた3日間でした。

また自分で実践し、まとめて還元していきたいと思います。

 

今日は先日僕がチャレンジしたツーモーションシュートについて考察していきます。

僕は普段ワンモーションで打っていますが、ワンモーションにする前はツーモーションで打っていました。

もう6年も前になります。

 

動画のコメントで「ツーモーションで打ってみてください」とあったので6年ぶりに実践してみました。

ワンモーションを経験しているからこそ観えるものもあり、とてもいい経験になりました。

 

今回は、よくワンモーションとツーモーションで比較されやすい「安定感」について書いていこうと思います。

 

ワンモーションはディップから止まることなくリリースまで行くのでブレやすい、ツーモーションはセットしてから打つから安定するという感じでツーモーションの安定性を言われることがありますが、実践した結果、どう僕が感じたか?

 

確かにツーモーションは安定感を感じる。

しかし、それはボディ的な安定ではなく、メンタル的な安定が大きいのでは?でした。

実際、ツーモーションを打つときには「安定する感じがあるな」と思いました。

 

しかし、確率的にはワンモーションもツーモーションも、さほど変わりませんでした。

相手がいないシューティングで確率が変わらないのであれば、ボディ的なブレはそこまで変わらないのではと考察。

 

なので、ツーモーションによって体が安定して、シュートの際にブレが少なくなるのではなく、実際には安定感を感じるので、それによって心が安定し、それが体の安定感にも繋がり、結果的な安定にも繋がるのでは?と思いました。

 

試合では相手のプレッシャーや接触などもあるので、そのときにも安定感を感じることが心の安定、体の安定にも繋がりそうです。

これは僕が感じたことなので、どう考えるかは人それぞれです。

 

かといって「じゃぁツーモーションのほうがいい」というわけではなく、ツーモーションは自分の身体で直接「安定感」を感じるのでわかりやすいだけで、ワンモーションも「リリースが早い」ことによってブロックされない安心感やセットする必要がないので流れのままに打てる安心感などがあるので、結局は自分にあっているもの選択するのが良さそうです。

 

いろんな議論はされていると思いますが、結局大事なのは「自分がどうか?」ということです。

 

Curry選手に憧れているからワンモーション、Kobe選手に憧れているからツーモーション、ではなく、「自分がどうか?」です。

 

それをしっかり持てば、いろんな選手から自分の糧となるものを吸収できるはずです。

 

では今日も読んでいただきありがとうございました。

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う

  2. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ

  3. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5

  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  5. 【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  6. 【小谷コーチの分析バスケ】アドバンススタッツを分析する

ピックアップ記事

  1. 今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出…
  2. サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきま…
  3. 前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
ページ上部へ戻る