オフェンスに関する記事一覧


オフェンス スキルアップ チーム戦術 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

今回は、サイズのミスマッチを察した際の日本選手の素晴らしい判断を紹介できればと思います。 14秒のショットクロックの中でオフェンスの再構築が求められる中、吉田選手と渡嘉敷選手がon ball screenをセットします。 ここで、数秒間の沈黙があった後、吉田選手はドリブルを始めず・・・

オフェンス スキルアップ チーム戦術 動画 指導者 片岡秀一

今回は、女子代表チームのオフェンスを中心に取り上げたいと思います。一般紙等で女子代表チームの武器が3Pである事が数多く紹介されます。 特に、PGからC選手まで幅広いシュートエリアを誇る事が注目されます。それ自体は事実でありますが、3Pシュートを創り出すための取り組みの徹底に女子代表チームの強さの秘訣があるように感じています。

オフェンス スキルアップ 指導法 練習メニュー 育成法

ポストプレーで確実に得点を積み重ねる…最近ではめっきり減ったバスケットスタイルですね。 リングに近い分、やはりシュート率は格段に高くなるんです。

オフェンス スキルアップ ディフェンス トレーニング 指導法 練習メニュー 育成法

バスケットで「基本姿勢を取る」や「構える」という言葉をよく耳にしますよね。 これは、ただ格好の問題だけではなく、きちんとした理由があるのです。

オフェンス スキルアップ ドリブル 坂口慎 指導者

レッグスルーはハンドリングの練習時に行うもので、小学生でもできるほど難しいものではありません。

オフェンス シュート スキルアップ 指導法 練習メニュー 育成法

小学6年生でも、リング下からのシュートで落とす選手はいます。なぜなんでしょうか。能力の問題?ミニバスだから?違います。その原因は、○○○〇をかけていないからです。

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル 育成法

初心者と上級者のドリブルの違いって分かりますか?キレ・スピード・テクニック。色々なことが考えられますが、私は手から離れているかどうかだと思います。手から離れたドリブルをしていると、当然ながらボールを取られやすいです。では、どうすれば手から離れないのか。それは、ドリブルの強さです。

オフェンス チーム作り チーム戦術 ディフェンス バスケ用語 練習メニュー

”マンツーマン”。バスケをしていると、必ずと言っていいほど聞く言葉です。さらに、ここ最近は世界に通用する選手を輩出するために、”マンツーマン”を推進するようにもなってきています。

オフェンス スキルアップ チーム作り チーム戦術 ディフェンス バスケ用語 育成法

バスケでは、よく「仕掛ける」という言葉が使われます。これは、用語辞典にはあまり記載はされていませんが、練習や試合などの現場で使われています。「仕掛ける」は、オフェンス時でもディフェンス時でも使われます。今回は、「仕掛ける」ことの利点や注意点についてお話します。

オフェンス スキルアップ チーム戦術 ディフェンス バスケ用語 育成法

”ピック・アンド・ロール”、”ピックアップゲーム”という言葉を聞いたことはありますか?バスケをしていたら、聞く機会もあると思います。聞かなくても、自然とプレーをしていることもあるでしょう。実は、この”ピック”という用語は、オフェンスにもディフェンスにも当てはまる言葉で、色々なプレーに関わる言葉です。