menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.42
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その8
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その7
  4. 【バスケ】手のひらのどこにボールを置く?【シュート】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その6
  6. 【バスケ】ゴールに正対しろ!と指導すると精度が下がる理由がコレ↓【シュ…
  7. 【坂口慎の武学籠球】教育と指導のバランス
  8. 【自宅トレ】新年度で他チームに差をつける体力トレーニング
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その5
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その4
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:金田伸夫

新入生が入部して、そろそろ1ヶ月近くが経とうとしています。3年生から1年生まで全ての選手を観ることは非常に困難であり、効率的な練習法を求められます。そこで、この練習法を試してみてはいかがでしょうか↓効率的な練…

ディフェンスは正しい姿勢を身に付けることで効率的に動けるようになります。その結果、オフェンスに何もさせなくなる「鉄壁のディフェンス」を手に入れられます。その正しい姿勢がオフェンスの基本姿勢と同じって知っていましたか?&n…

一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大きな上下動が起こります。つまり、ボールをミートしてから、次の動作に移る際に再度、低い姿勢を作らなければいけ…

【質問】先日、古武術バスケを購入した者ですが、金田さんに質問です。肋骨、骨盤を潰すための練習方法とビッグマンを外に押し出す技術の練習方法を教えてください。【回答】1.肋骨、骨盤を潰すための練習方法…

ウインターカップ予選に破れてしまったチームは、新チームが本格的に始動していると思いますが、この冬休みは、調子の波に左右されないディフェンス技術を徹底的に磨いてほしいと思います。ディフェンス技術を冬休み…

前回お話させて頂きました、面取りのお話。面取りとは、センタープレイヤーがディフェンスを背負い、ボールをもらうために、前にポジションを取ることです。センターならずとも、誰もが必要…

【ご質問】はじめて。いつもメールを楽しみにしています。私は若い頃バレーボールを夢中になってやっていました。子供がミニバスを始め今はバスケに夢中になっています。バスケでは、サッカーのよう世界に羽ばたける…

ピックアップ記事

  1. あなたは脚を細かく刻めますか?一歩で大きく移動できるダイナミックな動作というのは魅力です。で…
  2. 今回ご紹介したチームと選手の話というのは特別なものではない。どこにでも誰にでも起こりうる、私たちの日…
  3. 学力偏差値の高い子らは、何でも真面目にやれるし頑張れる。知識も豊富だ。しかしその良さを活用することを…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.42
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その8
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その7
ページ上部へ戻る